パーキンソン病の初期症状に注意!治療法の最新情報

70歳以上の100人に一人が発症するといわれるwalking_old_man.pngウォーキング
パーキンソン病ですが、ご近所にもパーキンソン病
の人がいて、寝たきりになって亡くなりました。

しかし、現在は治療法が進歩して、健康人と同様
に生活ができるようになったとのこと。

どのようになったのか、NHKの
「チョイス@病気になったとき」や「きょうの健康」
の放送をもとに、わかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

◆パーキンソン病とは

脳の中の「ドパミン」という神経伝達物質が作られなくなる
病気です。

❖ドパミンとは

ドパミンは運動の指令をする物質なので、減少すると
運動の調節がうまくいかなくなり、動作がゆっくりになったり、
動きがスムーズでなくなったりするのです。

❖パーキンソン病の初期症状

  1. 手や足がふるえる。
    手の震えは、じっとしているとふるえ、動作をすると治る、
    片方の手だけが震えるなどの特徴があります。
  2. .動作が遅い、少ない、歩き出しがむずかしい。
  3. .バランスがとりにくく、よく転ぶ。
  4. 筋肉がこわばり、腕や足を動かすとカクカクする。

パーキンソン病は老化のせいだと思いがちですが、このような
症状がみられたら、すぐに神経内科で診てもらいましょう。

初期症状はご自分で気づくのがむずかしいので、身近な人が
気をつけてあげることが大事です。

早期発見、早期治療で、病気の進行を遅らせることができるように
なりました。

スポンサードリンク

◆パーキンソン病の治療薬

パーキンソン病の主な薬には、medicine_capsule.png薬
「L−ドパ」と「ドパミンアゴニスト」があります。

これらの薬によってドバミンを補うことで、運動症状が改善します。

手のふるえ」は薬が良く効いて、発症して2~3年は、ほとんど
治ったようになります。

うまく薬を組み合わせて、15年以上も自立した生活ができる
ようになりました。

❖「L−ドパ」とは

「L−ドパ」は脳内でドパミンに変化する薬です。その特徴は

  1. 効き目が強いが持続時間が短いので、
    1日3回服用する必要がある。

  2. 長期に使用すると、ウェアリングオフ
    ジスキネジアなどの副作用が生じることがある。

    ウェアリングオフ:薬の効果が早く切れてしまい
    症状がおさえにくくなる作用
    ジスキネジア:自分の意思に関係なく身体がクネクネする
    (不随意運動)症状。

  3. 中等症から重症の人、高齢者に適している。

❖「ドパミンアゴニスト」とは

「ドパミンアゴニスト」はドパミンに似た物質で、
ドパミンの働きを補強します。その特徴は

  1. 効き目は弱いが、持続時間が長いので1日1回の服用でよい。

  2. .吐き気、眠気、幻覚などの副作用が起こることがある。
  3. 軽症者や若年者に適している。

❖パーキンソン病薬の最新情報

以前は、薬を早期から使うと、早く効かなくなる、進行しやすくなる
などといわれていましたが、最近の研究ではそれが誤りであることが
明らかになっています。

現在は、薬の治療を始めるのは早いほどよいと考えられています。
早期発見、早期治療すれば、病気の進行を緩やかにすることが
できることがわかりました。

薬は迷わず使うことが大切とのことです。

◆パーキンソン病の手術治療

薬の副作用であるウェアリングオフやジスキネジアが頻発し、
薬で抑えるのが難しい場合には「深部脳刺激療法」という
手術があります。

❖「深部脳刺激療法」とは

この手術は、脳の奥にある、運動を指令する場所に電極を
埋め込み、さらに胸の皮膚の下に埋め込む刺激発生装置から
弱い電流をながして脳を刺激するものです。

この刺激によって脳が働き症状を改善することができます。

❖「深部脳刺激療法」の特徴

  1. 50~60歳代の人には特に効果が大きく、
    仕事などの活動の幅が広がる。

  2. 高齢者では、手術時に脳出血などの危険が高まるので
    慎重に検討する必要がある。

❖パーキンソン病手術の最新情報

  1. iPS細胞を神経細胞に分化させて移植する研究が進んでいる。

  2. 数年のうちに臨床研究が始まる予定である。
  3. この方法は、脳内でドパミンを作る細胞を増やすので、
    薬を超える効果と、薬の作用を助ける効果が期待される。

※iPS細胞は希望の星ですね。色々な病気を治すことが期待
されています。これからはiPS細胞の時代が来ることでしょう。

◆パーキンソン病のリハビリテーション

パーキンソン病の治療は薬と並行してリハビリを行うことは
とても重要です。

身体は動かさないとどんどん筋力が衰えます。

パーキンソン病の人は身体の動きが少なくなるので、特に
リハビリが必要なのです。

さらに、パーキンソン病によっては、声が小さくなったり
言葉がなかなか出なくなることがあるので話し言葉の
リハビリも重要です。

リハビリテーションも、できるだけ早く始めた方がよく、
病気のどの段階でも必要です。

❖運動のリハビリ

自分が思う以上に身体の動きは鈍くなりますので、意識して
運動する必要があります。

●リハビリ運動の仕方(ウォーキング)
  1. 意識して腕を大きく振り上げる。walking_old_man.pngウォーキング
  2. ひざを上にあげる。
  3. かかとから着地する。
  4. 歩幅を大きくして歩く。
  5. 「1・2、1・2」と声を出す。
  6. 毎日20~30分を目標に歩く。

パーキンソン病では歩幅や腕の振りが小さくなり、
前かがみになりやすく、つま先から着地して
転びやすくなります。

※したがって、腕を大きく振り、ひさを上にあげて、
かかとから着地して、歩幅を大きくして歩くのが
効果的なのですね。

1・2、1・2」と声を出すと、脳のリズム力が補われて
最初の第一歩が出やすくなるのだそうです。

●運動リハビリの最新情報

行進曲のようなリズムがはっきりした曲を聞いたりmusic_metronome.pngメトロノーム
音楽と一緒にメトロノームを鳴らして大幅に歩く練習
も効果的であることがわかりました。

❖話し言葉のリハビリ

パーキンソン病では口やのどの動きが障害されるため、
声が小さくなったり、言葉が出にくくなったりしますから
話し言葉のリハビリも重要です。

●話し言葉のリハビリ方法
  1. 本や新聞を大声で読む。
  2. 会話の機会を増やす。
  3. カラオケで大声で歌う。

やりすぎかと思うほど、できるだけ大きな声を出したり、
ゆっくり話すよう心がけると効果的です。

会話の機会を多くして、家族が大きな声でゆっくり話すように
すると、患者さんも自然に大きな声で話すようになります。

●話し言葉リハビリの最新情報

言語聴覚士が指導する専門的な言葉のリハビリで高い効果が実証
されています。関心のある方は医師に相談してみるとよいでしょう。

◆まとめ

パーキンソン病について、治療法や考え方が昔とは
だいぶ違っていることを知り、驚きました。

他の病気と同様に、早期発見、早期治療で、病気の進行を
かなり遅らせることができるようになったのですから

初期症状に注意して早期発見を心がけましょう。

特に高齢者はご家族が気ついてあげることが必要ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ