血管年齢が若い海女さんに学ぶ高血圧改善法とは!みんなの家庭の医学

8月2日のたけしの健康エンターテインメント・amasan_amachan.png海女さん
みんなの家庭の医学は、

8月こそチャンス!夏だからできる!
今すぐ始めたい長引く身体の不調㊙改善法SPです。

その中で、海女さんの血管年齢が若いことから
高血圧の改善法を学ぶというのが気になりました。

海女さんは海の水圧と呼吸法により、血管年齢が
普通の女性よりも11歳も若いことが国立研究開発法人
産業技術総合研究所の研究で知られています。

海女さんからどんなことを学ぶのでしょう。

 

スポンサーリンク

◆夏の血圧

一般に夏は気温が高いので、血管が広がり血流がよくなるため
血圧が低くなります。

しかし、昨今の冷房施設の充実により、冷房が効いている
室内と、気温が高い屋外との温度差が激しいため
血圧が急激に変化するようになりました。

そのために、近年脳卒中や、心筋梗塞が夏に発生することが
多くなったと言われます。

そのほかに、多くの汗をかくことにより水分が減って、血液
がドロドロになり、血流が悪くなり、血圧が上がったり、
血管が詰まりやすくなることも原因と考えられます。

こんな危険な夏の血圧を、夏だからこそできる高血圧改善法
とはどんな方法なのでしょう。

スポンサードリンク

◆海女さんの血管年齢が若い理由

番組では、東京都健康長寿医療センターの原田和昌先生に、海に潜る
ことと血管の若さとの関係性について聞いたところ。

海女さんの血管が若いのは、水に潜った時の水圧によってANPという
血圧改善ホルモンが分泌されるからとのこと。

ANPが今回のキーワードだったのです。

❖ANPホルモンが血圧を下げる仕組み

水圧により手足の静脈が圧迫されると、心臓に多くの血液が戻り、
心臓の一部(心房)が大きく拡張する。

その際にANPというホルモンが大量に分泌されて全身へ送られ
るが、特に大きな影響を与えるのが腎臓です。

ANPによって排尿が促され、余分な塩分が体外に排出される結果、
血圧が低下し血管が若く保たれるのだそうです。

驚いたことに、ANPは血圧を下げて心臓への負担を減らす
心不全の治療薬としてすでに、使われているとのこと。

しかし、薬で飲むよりは、自分の心臓で作りたいものですね。

◆ANPホルモンを増やす方法2つ

1.立って首まで水がくるプールに浸かる

番組では海に潜るのは大変なので、プールに浸かるだけでANP
が分泌するかどうか、国士舘大学の須藤明治先生監修のもと
実験しました。

須藤明治先生は水中スポーツの
研究者です。 

ひざまで浸かった場合、腰まで、みぞおちまで、首までと4段階
の深さまで10分間浸かったところ、首まで浸かった時に全員の
ANPが増えました。

※お風呂は浅いので立って首のところまで水がこないからダメです。

高血圧予備軍の山岡龍矢さんの協力により
「よみうりランド プールWAI」で家族とともに一日過ごして
もらったところ、ANPは12.6から31.6まで増加し、血圧も
143から132(上の血圧)まで大幅に低下しました。

※飛び込みをやったり潜ったりしたので10分以上首までつかった
のでしょう。
夏だから子供連れでプールや海水浴に遊びに出かけるのはいいですが、
しょっちゅうはいけませんよね。

2.息が弾む程度の運動をする

ANPは心拍数が上がると分泌されることがわかったので、
息が弾む
程度の運動をすればANPが分泌されるそうです。

なーんだ。さんざん海女さんに学ぶ高血圧改善法などと、特殊な
方法なのかと思ったら、結局息が弾む程度の運動をすればいいと
いうことなんですね。

軽い運動をすれば、酸化窒素(NO)も出て、血管が柔らかくなる
のですから、相乗効果が望めます。

毎日プールに出かけるのは大変ですからこれがいいですね。

◆ANPはすごい

ANPは心房性ナトリウム排泄促進ペプチドのことで、ナトリウム
(塩分)の尿への排泄を促進する強い作用があり、血管をゆる
める作用もあることから血圧は低下させます。

このANPは1984年に日本人の研究者により世界で初めて発見された
とのこと。日本ではずいぶん色々な発見がされているのですね。

❖ANPはがんにも効果がある?

このANPは、日本人にも多いがんの治療にも有効で、治療法が
実用化されるとノーベル賞を受賞する可能性もあるといいます。

心臓にはがんができないことが知られていますが、心臓にがん
ができない理由の1つがANPを分泌しているからとされています。

ANPはがんの再発・転移を抑制する効果があるのだそうです。

◆まとめ

海女さんの血管年齢が若いのは、水圧によって心臓から
ANPという血圧改善ホルモンが分泌されるからであること。

同様の効果を得るには、ANPの分泌を増やすこと。

その方法は、潜水だけでなく、立って首まで水に浸かるか、
息が弾む程度の運動をすれば良いこと。

ANPはがんにも効果があるらしいこと。
などを学びました。

冷房の部屋から出て急にプールに飛び込むなどと危険な
ことはしないで、水遊びを楽しむのもいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ