夏風邪ヘルパンギーナが大流行!危険な症状と対処法!予防法など

子供たちの間で夏風邪のヘルパンギーナが大流行kounaien.png口内炎
しているそうです。

たかが夏風邪と甘くみていると命にかかわることも
ある危険な病気とのことですので、

その症状や対策、予防法などについて学んだことを
お知らせします。

スポンサーリンク

◆ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは毎年、夏の時期(6月から8月)に6歳以下の子ども
を中心に流行するウィルス感染症です。

手足口病、プール熱と共に3大夏風邪と言われています。

ヘルパンギーナのウィルスは、
「エンテロウイルス」と呼ばれるウイルス群に属するウイルスで
高温多湿を好むウイルスなので夏季に流行するのです。

エンテロウイルス群の多種類ののウイルスがヘルパンギーナの原因
になるので、ヘルパンギーナは何回もかかる場合があります。

大人も子供から感染することがあり、その場合は子供より重症化
する場合が多いようです。

◆ヘルパンギーナの症状

❖ヘルパンギーナの3大症状

  1. 38~40℃近い高熱がでる。
  2. 口の中に口内炎や水泡(直径2~4mm程度)ができる。
  3. 口蓋垂(のどちんこ)の炎症がおきる。

大人の症状は、39℃以上の高熱がでることが多く、
喉の痛みも子供より症状が強くでる傾向があります。

それは子供の方が体温が高く、高熱への耐性ができていると
考えられるそうです。

❖ヘルパンギーナの危険な症状と原因

  1. 脱水症…..口内炎や水泡のやぶれ、口蓋垂の炎症により、
    痛くて飲食が困難になるため脱水症になることがある。
  2. 熱性けいれん….急激な発熱のため起こることがある。
  3. 頭痛嘔吐…..高熱が続くと髄膜や心臓の筋肉に炎症
    がおこり、激しい頭痛や嘔吐を生じることがある。

スポンサードリンク

◆ヘルパンギーナの危険な症状の対処法

1.脱水症の対処法

破れた水泡を刺激する酸っぱいものや、ジュース類は避けて
スポーツドリンクやぬるめのミルクなど、飲みやすい飲み物を
こまめに与えるようにします。

それでもあまり飲まないようなら、医師と相談して点滴などの
処置が必要な場合もあります。

2.熱性けいれんの対処法

新上五島町消防本部のホームページに対処法がわかりやすく
書かれていますので見て下さい。>>熱性けいれんの対処法

3.激しい頭痛嘔吐   virus_outo.png嘔吐

骨髄炎や心筋炎を起こしている可能性がありますので
速やかに小児科を受診して下さい。

◆ヘルパンギーナの治療法

ヘルパンギーナ、プール熱、手足口病はすべてウイルス性の
風邪の一種なので、特効薬も予防注射もありません。

解熱剤で熱を下げたり、喉の痛みを軽くする薬が処方される
など対症療法になります。

脱水や栄養失調が激しい場合は点滴になる場合もあります。

◆ヘルパンギーナの感染期間

❖ヘルパンギーナの潜伏期間

潜伏期間とはウイルスが体内に侵入してからヘルパンギーナの
症状を発症するまでの期間のことです。

ヘルパンギーナの発症原因であるエンテロウイルスの潜伏期間は、
一般的に2日~5日程度で、長くても1週間程度です。

発熱してら2~4日で熱は下がり、次第に症状はなくなりますが、
発症から3週間程度は二次感染の可能性があるそうです。

❖出席停止や登校停止はあるか

学校伝染病の法律によると、ヘルパンギーナは
その他の伝染病に分類されていて、

校長が学校医の意見を聞き、出席停止などを決めることが出来る疾患です。
とありますので、はっきりとは決まっていないようです。

校長と学校医の判断によって決まるのです。

◆ヘルパンギーナの予防法

❖ヘルパンギーナの感染経路

ヘルパンギーナのウィルス感染経路は、virus_seki.png咳

  • 飛沫感染…..唾液などが飛び散ることで口や鼻から感染する。
  • 接触感染…..手に付いたウィルスから感染する。
  • 噴口感染…..糞便から排出されたウイルスが口から感染する。

です。したがって、

❖感染予防法は

  • こまめに手を洗いうがいをする。
    ※手は流水と石鹸で、うがいは基本的に水だけで
    充分です。緑茶もOKです。

    ugai_tearai.png うがい手洗い

  • マスクをする。                
  • タオルやコップを共用しない。
  • おむつ交換時は、マスクをして使い捨て手袋を使う。

    など感染者がいる場合は特に注意が必要です。

    ◆まとめ

    現在流行中の夏風邪・ヘルパンギーナについて
    お知らせしました。

    主に子供の病気ですが、大人が感染すると子供より
    重症になることが多いのでご注意下さい。

    ヘルパンギーナの危険な症状である
    1.脱水 
    2.熱性けいれん
    3.激しい頭痛と嘔吐(吐くこと)

    は少し注意していればわかることですので、子供から
    目を話さず、冷静に対処すればだい丈夫です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ