薄毛治療は格段に進歩!最新の最も効果的な薄毛治療法を調査

cafe_money_ai2_42.png女性薄毛女性セブン9月号で、薄毛の専門医が「薄毛治療は格段に進歩しているが、早く治療をするほど、効果が出やすい」と述べています。

治療は早い方が良いことが多いですが、薄毛治療もそうなのですね。

女性セブンの記事になっているのですから、女性も薄毛が増えて きたということでしょう。

男性と同様に仕事をバリバリしている女性達はストレスも多いで
しょうから、薄毛も増えていると思われます。

男女ともに薄毛に悩む時代になったらしいですが、治療法が進歩
したということは朗報ですね。

薄毛治療が格段に進歩していると知って、興味を持ちました。
私はまだ大丈夫なのですが、夫の頭の中心が薄毛になり始めた
からです。

最新の薄毛治療はどんなことをするのか調べてみました。

スポンサーリンク

◆一般的な薄毛治療法と最新の治療法

費用や治療時間などの関係もあってか、「プロペシア」などの飲み薬が
一般的だそうですが、飲み薬は、薄毛の進行をなだらかにするだけで
活性化を失った毛根を再生することはできないとのこと。

毛髪再生の薄毛治療は、飲み薬の他に、直接頭皮に成長因子を注入する
方法を併用することが効果が高いことが分かりました。

その最新の薄毛治療法は

『ノンニードルガンHARG(ハーグ)浸透注入療法』です

◆ノンニードルガンHARG療法の登場

ここ数年薄毛治療の最先端とされていたのは、ヒト由来の成長因子
を直接頭皮に注射する『HARG(ハーグ)療法』でした。

「HARG療法」は、再生医療を応用した最先端の毛髪再生治療です。

人間の幹細胞から抽出された150種類以上の成長因子を直接頭皮に注射
して毛包を蘇らせ、活性を失っていた毛母細胞に刺激を与えて
発毛をうながす方法です。

 

画期的な方法で効果もあるのですが、これまでのやり方は、注射針を
直接頭にブスブスと何カ所も刺すので、非常に痛かったのです

この激痛に耐えられず治療を断念する人も少なくなかったそうです。

そこで、2015年4月に初めて登場したのが激痛を伴わないという
最新式『ノンニードルガンHARG療法』なのです。

 

 

◆ノンニードルガンHARG療法の仕組

『ノンニードルガンHARG療法』は従来の頭髪治療である
『HARG(ハーグ)療法』とは少し違って、ノンニードルという名前(針なし) の通り、針を使わずに注入できるのです。

そのため、恐怖心がなく痛みも最小限(70%減)におさえて施術できます。
そのため、麻酔も不要になったとのこと。

※これは画期的な改良ポイントですね。治療に痛みが伴うことは患者に
とっては最大の負担ですから。
ノンニードルガンHARG療法の仕組は、は水溶性製剤を炭酸ガスとともに
蚊の針(50~60ミクロン)よりも細いジェット流で噴射して、頭皮の毛穴に
成長因子となる薬剤を入れていきます。

ジェット噴射のため、規定量を均一に注入できるという良い面もあります。

体験してみると、噴射の音はすごいですが、痛みはほとんどないそうです。
しかも、10分程度で終わるそうですから、大したことはなさそうですね。

 

◆ノンニードルガンHARG療法の治療回数や費用は

ノンニードルガンHARG療法の治療は自由診療のため
医療保険はききません。

施術は1か月1回の治療で約140,000円、そのほかに内服薬が1か月
7,500円~25,000かかります(東京イセアクリニック調べ)。

人によって治療期間は異なりますが、平均的に約半年ほど続けると効果が
でるそうですから、半年分として計算するとざっと100万円ぐらいかかる
ことになります。

この金額が高いか安いかは人それぞれ感じ方がちがうでしょうね。

どうしても薄毛を治したい人なら安いと思うかも知れません。
悩みの程度によるでしょう。

◆治療を開始する期限のリミットは

冒頭で女性セブンの9月号で「薄毛は早く治療をするほど、
効果が出やすい」と書かれてあったとのべましたが、

その期限は

body_keana_good.png毛穴毛根薄くなってから1~2年が勝負時なのだそうです。
毛包が存在している限り、髪の毛は育つ可能性があるのですが、
薄毛になって10年以上経ってしまうと、毛包内の毛母細胞の
活性化が鈍くなるので、効果がでにくくなるとのこと。

しかし薄毛になって10年の人にも効果があった例もありますので
ギリギリ10年がリミットなのではないでしょうか。

諦めていた人にも光がさすかも知れませんね。

再生医療は目覚ましい進歩をしています。
将来は薄毛もハゲも治る時代がきっとくることでしょう。

詳細はこちら>>HARG治療センター

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ