しわやたるみを生む毒を肌から追い出すシナモン効果とは

obaasan_cat-png%e3%81%8a%e3%81%b0%e3%81%82%e3%81%95%e3%82%93シナモンには色々な効果効能が知られていますが、
最近私が注目したシナモンの効果は、

9月15日のNHKBSプレミアム
美と若さの新常識~カラダのヒミツ2
「内側からキレイに!デトックス力を上げろ」

で放送された、シナモンの効果で、傷んだリンパ管が修復されて
皮膚の真皮内の老廃物がデトックスされることにより、しわ
やたるみが予防できるというものでした。

非常に興味を持ったので、番組で放送された事以外も調べて
みましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

◆たるみやしわができるメカニズム

肌のトラブルの最初の原因はリンパ管の穴です。

リンパ管が若くて元気な間は、リンパ管の細胞は肌(真皮)の中
の毒(老廃物)を吸収して、リンパ管に流し、血管に送るという
下水管の役目を果たします。

そのため、むくまず、たるみやしわもできないのです。

❖たるみができるメカニズム

ところが、やがて紫外線や老化が原因で、顔の中に張り巡ら
されているリンパ管の壁に穴がたくさん空くようになります。

すると、老廃物を吸収するどころか、その穴からリンパ液や老廃物
が真皮の中に出てきてしまい、顔がむくむようになります。

老廃物とは余った糖、脂肪、タンパク質などの栄養物で、リンパ
管の穴から真皮にもれた老廃物が、皮下組織にたまり続けると、
その重さで、肌がたれるのだそうです。

❖しわができるメカニズム

白血球の一種であるマクロファージは、体内をアメーバのように
遊走していて、老廃物があると食べて片付ける役目をしています。

しかし、老廃物が多いと、大きくなったマクロファージが
皮膚(真皮)を形成しているコラーゲンをこわしてしまうのです。

したがって、マクロファージが通ったあとが陥没して、しわに
なってしまうのだとのこと。

※紫外線に当たったり、老化すれば、肌がたるんだりしわができる
のは自然のことだと思っていて、その仕組について考えたことが
ありませんでした。

このようなメカニズムがあったとは驚きです。

スポンサードリンク

◆シナモンがたるみやしわを予防する理由

肌トラブルの原因は、リンパ管の穴ですから、リンパ管の穴があか
ないようにすれば、たるみやしわはできないのではないかと思い
ますよね。

そうなんです。
シナモンがその穴を小さくしたりふさいだりしてくれるのです。

❖シナモンの働き

シナモンは、飲む接着剤と言われ、薄くてもろいリンパ管を強化
してくれるのです。

シナモンがリンパ管の壁に近づくと、壁の受容体Tie2で接着因子が
作られ、細胞の結びつきが強くなり、

リンパ管の穴がふさがって、下水管の役割がよみがえるというのです。

※すばらしいですね。シナモンで顔のたるみやしわの予防ができる
なんて、ちっとも知りませんでした。

いくらマッサージなどをしても、リンパ管に穴がたくさん空いて
しまってからでは、かえって老廃物が穴から出てきて皮下にたまり
たるみやしわが増えるばかりなんです。

 

❖シナモンの摂取量や種類

シナモンの1日の摂取量は約3g程度が適量とされ、
複数回に分けてすこしずつ飲むのが効果的とのこと。

長期的に1日10g以上の過剰摂取をすると、肝機能
に影響する恐れがあるそうです。

従って、サプリを飲む場合は注意が必要です。

シナモンに含まれるクマリンという成分が、悪さをするのです。

シナモンにはスリランカ産のセイロンシナモンと中国やベトナム
産のカシアと呼ばれる2種類あります。

クマリンが一番少ないのはセイロンシナモンで、中国産カシア
はその41倍、ベトナム産カシアは、385倍もあります。

できるだけセイロンシナモンを選びましょう。

注意:妊婦さんはシナモンを摂ってはいけません。

シナモンは妊婦さんには子宮を刺激して、子宮出血や流産の危険
があり、胎児にも悪影響を及ぼす危険があると言われています。

◆まとめ

しわやたるみができるのは、、リンパ管の穴が原因がある
こと、シナモンがその穴を修復してくれることを学びました。

シナモンは、毛細血管の老化を防ぐので、糖尿病や美肌
、脱毛に効果があり、ピロリ菌まで殺してくれるすぐれもの
です。

だからと言って、シナモン入りの食品を摂取した上に
サプリを飲むと過剰摂取になる場合があるので、
1日3g程度になるように調節しましょう。

妊婦さんには悪影響があるので、摂取しない方が良いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ