簡単!1日2分でほうれい線と目元のたるみを消すリガメントほぐし

女性の深いほうれい線と目元のたるみは、女性の顔を老けさせるbiyou_houreisen-png%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%81%84%e7%b7%9a
悩みの種ですね。

今まで色々な方法があるのは知っていましたが、お金がかかったり
面倒だったりで、長続きしませんでした。

しかし、10月1日のサタデープラスで、お金もかからず、超簡単に
1日たった2分で、ほうれい線と目元のたるみが改善するリガメント
(靭帯)ほぐしが紹介されました。

芸能人の大久保佳世子さんが実施してわずか2週間で効果がでた方法
です。

これなら私でもできそうなのでメモしておくことにします。

スポンサーリンク

◆リガメント(靭帯)とは

リガメントとは日本語では靭帯(じんたい)と言ってスポーツ選手
が足の靭帯を切ったりするので知られているものです。

靭帯(リガメント)は、骨と筋肉、脂肪、皮膚をつなぎ合わせている
結合物質で

骨から皮膚までは、この靭帯(リガメント)によって点で支えられているのです。

❖リガメントほぐしでたるみが改善される理由

この靭帯(リガメント)をほぐすと、周囲の血流やリンパの流れが
よくなり、筋肉が増え、筋力もアップして、若い時のように、顔の
筋肉が重力に負けずに持ち上がるようになるのだそうです。

スポンサードリンク

◆リガメントほぐしのやり方

原理は同じですが、ほうれい線と目元のたるみでは使う手の指が
ちがいます。

❖ほうれい線を消す方法biyou_houreisen-png%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%81%84%e7%b7%9a

ほうれい線ができるリガメント(靭帯)は、鼻の付け根から頬骨
(ほおぼね)にそってついています。

(1)両手の親指を立てて、親指の腹を頬骨の下にもぐりこませて
  上に押し上げる。痛気持ちいいぐらいの力で押す。
 だんだん痛くなくなるそうです。

※注意:下方向に押すと、たるみを増すことになる。必ず上に押す。

(2)(1)の動作を、鼻の付け根の下からほほ骨にそって耳の方に
  向かって続ける。

※テーブルにひじをついて行うとやりやすい。

❖目元のたるみを消す方法pack_memoto-png%e7%9b%ae%e5%85%83

目元のリガメント(靭帯)は、目玉が入っている骨のまわりにそって
付いています。

(1)人差し指の腹を目頭に当てる。
(2)目の下の骨を人差し指の腹で押し、楕円状に目尻の骨まで押す。
(3)次に目頭の上のまゆ毛の骨を人差し指の腹で押し、楕円状に目尻
  まで押す。

※注意:目玉を押さないようにしましょう。

リガメントほぐしは、両方とも入浴中や入浴後に実施すると、より
血行やリンパの流れが良くなるので、効果的です。

❖リガメントほぐしの指導者

リガメントほぐしを教えてくれたのは
サフォクリニックの松宮敏恵ドクターでした。

◆まとめ

女性の敵、目元のたるみとほうれい線を消す簡単な方法
を見つけました。

リガメント(靭帯)をほぐすことで、血流とリンパの流れが
よくなり、筋力がアップして、顔の筋肉が持ち上がるというのです。

お金もかからず、1日2分でできるのですから、やってみる価値は
ありますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ