1日1万歩で短命に!その理由にびっくり!サタデープラス

厚生労働省も推奨する健康法、1日1万歩の
ウォーキングは一番手軽な健康法だと思ってwalking_group.pngウォーキング
いました。

しかし、実はやり過ぎで、早死にする可能性が
あるということが、11月12日のサタデープラス
で放送されて驚きました。

私自身は歩くだけの健康法はつまらないので
やっていませんが、1日1万歩のウォーキングは
やり過ぎだという理由に興味をもちましたので
ご紹介します。

スポンサーリンク

◆やってはいけないウォーキング

サタデープラスで教えてくれたのは
著書「やってはいけないウォーキング」で話題を呼んだ
東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長の青柳幸利
医学博士です。

青柳博士が15年以上かけて、群馬県中乃条町の65歳以上の町民
5000人を対象に24時間365日の活動を追跡調査した結果をまとめ
たのがこの本です。

❖激しい運動は動脈硬化を招く

この本の中で、青柳博士は、1日1万歩以上歩いているのに、病気
になる人を大勢みてきたことから、ウォーキングも多すぎは激しい
運動と同じだと考えたようです。

運動のしすぎは体力の消耗により免疫力を低下させ、病気になりや
すくなります。

また激しい運動をしている時、心臓は大量の血液を送り出すため
大量の血が、加齢によって流れにくくなった血管を通ろうとして、
血管を傷つけるので、動脈硬化が起こるのです。

運動をしているのに動脈硬化になる人はけっこういて、過激な運動
をしている人は老化が早いのだそうです。

※適度の運動なら、血流が良くなって健康に良いのですが、なんでも
過ぎるのはいけないことがよく分かります。

スポンサードリンク

◆私が驚いた1日1万歩が多すぎる理由

激しい運動が免疫力を低下させ、動脈硬化を起こすのは知っていまし
たが、サタデープラスでの博士の別の説明にはびっくりしました。

なんと、足踏みするたびに足の裏の血管を流れる赤血球を踏みつぶす
ので、赤血球の成分である「ヘモグロビン」を破壊するというのです。

※そんなこと今までに聞いたことがありません。

それなら、1万歩も歩くとそれだけヘモグロビンが破壊されて貧血
のリスクが高くなるのは分かりますが。

実際マラソンランナーの中には貧血で悩む選手も多いそうです。

いやーっびっくりしました。本当に赤血球がつぶれるのでしょうか。
なんだか信じられない気がします。

◆青柳博士が推奨する理想のウォーキングとは

1日8,000歩のウォーキングで、その中に早歩き等の中程度の運動
を20分取り入れることが一番健康に良いことが分かったそうです。

❖歩数別健康効果

2000歩:寝たきり
4000歩:うつ病
5000歩:脳卒中、心臓病、認知症、要介護
7000歩:動脈硬化、一部のがん、骨粗しょう症
8000歩:糖尿病、高血圧、脂質異常症

8000歩は超えない方が良いのです。

❖早歩きと中程度の運動とは

早歩きとは、なんとか会話をしながら歩ける速さ。

早歩きに代わる中程度の運動は

  • 階段の昇り降り
  • つま先立ち
  • 風呂掃除
  • ペットの散歩
  • 荷物運び
  • ボウリング
  • 卓球

などです。軽い運動ですね。

◆まとめ

1日1万歩のウォーキングは、
激しい運動と同様に、免疫力を低下し、動脈硬化がすすみ、
老化が早まるうえに、

足踏みによって足裏の血管を通る赤血球がつぶれて、貧血も
招くという、びっくりするような害があることが示されました。

にわかには信じがたいのですが、何事も過ぎたるは及ばざる
のごとしですね。

理想は8000歩で、20分の早歩き程度の運動をすること。

しかし、女性は専業主婦でも、働いていても一日5000歩ほど
歩いているようですから、20分程度の運動をプラスすれば
大丈夫のようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ