リップクリームと口紅をやめたら唇が荒れなくなった理由は?

若い頃、他の皮ふは荒れないのに、唇だけがひどくbody_kuchibiru唇
荒れて、とくに冬はリップクリームが手放せ
ませんでした。

でも、1日に数回リップクリームをぬっても、
毎日1回は、唇の皮が全部むけて、しまい、
唇がひりひりする日がずっと続いていました。

そのうち、仕事が忙しくなり、顔のお化粧をす
るときに口紅かリップクリームを1回塗るだけ
になってしまいました。

食物を食べたり飲んだりすると、口紅もリップクリームも
とれてしまいますが、かまっている暇もなく過ごすうちに、

気づいたら唇の皮がむけなくなり荒れなくなっていたのです。

面倒なので、これ幸いとお化粧のときも唇に何もつけ
ないようにしたところ、唇の色も良くなりました。

私には、唇に何もつけない方が良いことがわかりました。

この現象を不思議に思ったので、調べてみて分かったことを
まとめます。

スポンサーリンク

◆唇はデリケートである

唇は皮膚と粘膜の堺目にあり、角質がほとんどなくうすいので
保水力もなく、とてもデリケートであることがわかりました。

❖唇は摩擦に弱い

したがって摩擦に弱く、寒さでかたくなっているリップクリーム
でごしごし何回も塗っては、弱い唇の皮は傷ついて荒れてしまう
のです。

また、上唇と下唇を合わせてこするのもいけません。

❖唇は化学物質に弱い

唇はデリケートなので、化学物質にも弱いようです。
リップクリームや口紅に含まれている化学物質が合わない
場合があるようです。

どうしてもリップクリームや口紅を塗りたい場合はご自分の唇に
合うものを探す必要があります。

ワセリンは大抵の人に合うようです。
私は何もつけませんのでわかりませんが。

唇をなめてはいけません。
唾液に含まれる消化酵素で唇が荒れます。

スポンサードリンク

 

❖唇は物理的力に弱い

よく見ると唇には縦のしわがあります。
従って、リップクリームや口紅を左右に横に塗ると、唇の皮ふに
負担がかかり荒れるのです。

リップクリームや口紅は左右ではなく、縦に塗りましょう。

口呼吸をすると、唇を風にさらすのと同じで乾燥して荒れます。
なるべく鼻で呼吸しましょう。

鼻がつまっているときはマスクをすれば乾燥しません。

◆まとめ

唇はとてもデリケートで、摩擦や化学物質、物理的な力に弱い
ので、唇の荒れを防ぐには

  • リップクリームや口紅をごしごし何回も塗らないこと。
    1日5回が限度らしいです。
  • 上唇と下唇を合わせてごしごししないこと。
  • 自分の唇に合うものを選ぶこと。
  • 唇をなめないこと。
  • リップクリームや口紅は左右に塗らず、縦にぬること。
  • 口呼吸ではなく鼻で呼吸すること。
  • 一番良いのは、リップクリームや口紅を塗る事を
    徐々にやめることです。
スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ