一番簡単な糖尿病治療法は新睡眠薬で熟睡するだけ!その仕組は?

糖尿病の治療と言えば、美味しいものや甘いものを
我慢する食事療法や、

継続的な運動療法、それに加えて、血糖値を下げるmedicine_jozai_set錠剤
薬を飲まなければならないという

つらーい治療だと思っていた人が多いのではないでしょうか。

それがなんと、熟睡すれば血糖値が下がることが発見された
のだというのです。

私はずいぶん甘い物が好きなのですが、いつも熟睡しているので
糖尿病にならないのでしょうか。

その仕組を調べてみました。

スポンサーリンク
suimin_woman.png睡眠

◆熟睡しないと血糖値が上昇する理由

糖尿病の人は、自分で気づかなくても、睡眠時間が足りなかったり
眠りが浅くて、熟睡していない人が多いのだそうです。

❖負のスパイラル

熟睡しないとストレスホルモン(アドレナリンやコルチゾール)
が増えて血糖値が上昇します。

すると交感神経優位になり活動的になって興奮し
熟睡できなくなり、ストレスホルモンが増えて血糖値が
上昇するという負のスパイラルになるのだそうです。

血糖値を下げるインスリンは副交感神経支配なので
交感神経優位になるとインスリンの働きが悪くなり
糖尿病になりやすいのです。

❖熟睡すると

ストレスが収まって、ストレスホルモンの分泌が減り

血糖値が上がりにくくなり、副交感神経が優位になって
インスリンが分泌されやすくなり、血糖値が下がる
いう良いサイクルになります。

熟睡するとデルタ状の脳波がでることが発見されて、これ
をデルタパワーと言うのだそうです。

デルタパワーが血糖値を下げるというのです。

スポンサードリンク

◆熟睡する方法

❖副作用の少ない新睡眠薬・オレキシン受容体拮抗薬

まず手っ取り早いのが、2014年に発売された、新睡眠薬
のオレキシン受容体拮抗薬です。

従来の睡眠薬は脳全体の興奮を抑える作用でしたが、

オレキシン受容体拮抗薬は、睡眠ホルモンにだけ作用して
自然の深い眠りを誘う
ほとんど副作用のない睡眠薬だというのです。

NHKガッテン(2017年2月22日放送)で試したUさんは、
たった1週間の飲み薬で

血糖値が 140mg/dl から112mg/dl まで下がってびっくりです。

今まで、毎日ウォーキングをしたり、食事療法をしたりしても、
15年間、血糖値が上がり続けたというUさんが、

たった1週間でこれほど効果がある睡眠薬があるなんて、
すばらしいことです。
努力しても血糖値が下がらない方はぜひ医師に相談したらよいと思います。
2014年に発売されたのなら、もう一般に行き渡っていることでしょう。

❖新睡眠薬でも飲みたくない人は筋弛緩法

薬を使わないで熟睡したい人には筋弛緩法でリラックスするのが
良いとのこと。

やり方は

1.椅子に座り軽く目を閉じ、手を握り脇をしめて二の腕に力をいれる。
肩甲骨を寄せて肩を上げる。足も上げる。
体全体に6~7割の力を込めて5秒間キープ。

2.ストーンと力を抜く。20~30秒間ほど筋肉がじわじわする感じ
を味わう。2~3回ほど繰り返す。

と良いそうです。うーん。長続きしなそうですね。

私ならとにかくこの新睡眠薬試してみたいです。

(参考:NHKガッテン 2017年2月22日
最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎)

◆まとめ

熟睡するだけで、血糖値を下げることができるという、糖尿病の
驚くべき新治療法を学びました。

熟睡するには、運動したり、筋弛緩法をやったり、色々な方法が
あると思われますが、長続きしない人は、

新睡眠薬・オレキシン受容体拮抗薬について医師に相談されては
いかがでしょう。ずいぶん簡単に治療できそうですね。

関連記事:
糖尿病に効くという新睡眠薬・ベルソムラは治療に使えないのか?

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ