糖尿病に効くという新睡眠薬・ベルソムラは治療に使えないのか?

NHKガッテン(2017年2月22日)で新型睡眠薬medicine_jozai_set錠剤
ベルソムラ(オレキシン受容体拮抗薬)が
糖尿病に効くということが放送されました。

 

それについて、色々批判もあるようで、糖尿
の治療に使えるのかどうか考えてみました。

スポンサーリンク

◆適用外の病気に使うのは薬事法違反?

睡眠薬として許可されているベルソムラを適用外の糖尿病に使うのは
薬事法抵触の可能性があると言う人がいました。

なるほど、そこまで考えませんでした。

しかし、番組では、糖尿病の人は自分でも気づかないうちに
睡眠障害に陥っている人が多いと言っていました。

それならば、睡眠障害の人がベルソムラを処方してもらうの
は問題ないと思います。

❖睡眠薬は簡単に処方される

94歳で亡くなった姑は、晩年、よく昼寝をしては、夜に眠れ
ないと言って、ホームドクターに睡眠薬を処方してもらって
いました。

そういえば、訪問看護師をしていた頃、在宅の患者さんの
多くが睡眠薬を処方されていたことを思い出しました。

副作用も依存性もあると思われる睡眠薬ですが、「眠れない」
と一言いうだけで、どこでもいとも簡単にもらえるのが現状です。

昼寝をしなければいいのにと思いながら、嫁の立場ではあまり
強くも言えず姑を傍観していましたが、数年飲み続けても
さしたる副作用も見られず、亡くなりました。

ベルソムラという新薬が、危険な薬でなければ、姑のように
「眠れないから」ということで処方してもらう手があるかも知れません。

スポンサードリンク

◆ベルソムラという新薬

2014年に日本でも許可されたという、オレキシン受容体拮抗薬である
ベルソムラという新薬はどんな薬なのか調べてみました。

いつもお世話になっているおくすり110番 から要点をまとめます。

❖ベルソムラの概説と薬理作用

概説:眠りやすくするお薬です。不眠症の治療に用います。

薬理作用:
起きている状態は、脳内のオレキシンという神経伝達物質の働きに
より維持されます。

オレキシンが受容体に結合するのをブロックし その働きを阻害する
ことにより、覚醒状態から睡眠状態へと移行させます。
このような作用からオレキシン受容体拮抗薬と呼ばれています。

※なるほど、オレキシンの働きで目覚めているので、それを阻害すれ
ば眠くなるわけです。

❖ベルソムラの特徴

特徴:
今までのどの睡眠薬とも作用機序が違います。鎮静作用というより、
脳の覚醒状態を抑制することにより眠りをもたらすのです。

入眠効果にくわえ睡眠維持効果、熟睡効果が期待できます。
また、熟睡による間接効果として、人によっては血糖値が改善する
ことがあります。

一般的なベンゾジアゼピン系睡眠薬にみられる ふらつきや記憶
障害の副作用が少なく、また中止後の不眠症状の悪化(反跳性不眠)
や、離脱症状(退薬徴候)を起こす可能性も低いです。

いわゆる禁断症状を起こすような薬物依存症もまずありません。
このような利点から、不眠症に対する新たな治療選択肢として期待
されています。

ただし、使用実績の少ない新規作用機序をもつ新薬です。
長期的な有効性や安全性については今後の課題といえるでしょう。

❖ベルソムラの 副作用

副作用:重い副作用はまずありませんが、特殊な事例として、
日中の過剰な眠気や脱力、金縛りのような入眠時幻覚・睡眠時麻痺
などが報告されています。もし、日中の眠気に悩まされるなど 気に
なる症状があれば、早めに受診し医師と相談してください。

なお、依存性は低く、決められた用量を正しく服用するかぎり、
依存症の心配はまずありません。

眠気、めまい、ふらつき、疲労感、頭痛
悪い夢、入眠時幻覚、睡眠時麻痺(金縛り)、夢遊症

その他:アルコールや飲み合わせの悪い薬、妊娠中の注意書きなどがあります。

❖ベルソムラの用法と薬価

用法:通常、成人はスボレキサントとして1日1回20mgを、高齢者には
1日1回15mgを就寝直前に経口服用する。

●薬価:

ベルソムラ錠15mg 錠 89.1  円/1錠
ベルソムラ錠20mg 錠 107.9
ベルソムラ錠10mg 錠 68

※従来の睡眠薬の2倍ぐらいの値段ですね。でも保険が適用されます
ので大した値段ではないです。

❖ベルソムラの製薬会社はMSD株式会社 (MSD K.K.)

メルク・アンド・カンパニー(英:Merck & Co.)は、アメリカ
合衆国ニュージャージー州に本社を置く、世界的な製薬会社です。

米国メルクの日本法人は、MSD株式会社 (MSD K.K.) で
本社は、東京都千代田区九段北にある北の丸スクエア内に所在。
会社設立は2010年(平成22年)10月1日。

企業広告キャッチフレーズは、
「みらいを(Miraiwo)すこやかに(Sukoyakani)できる薬(Dekirukusuri)」

とのこと。名前の経緯が複雑でよくわかりません。

 

◆まとめ

新型睡眠薬ベルソムラは、従来の睡眠薬より、色々な面で優れて
いるようです。

糖尿病の患者さんには睡眠障害の人が多いというのは、それが
糖尿病の原因になっている場合もおおいにあると思われます。

睡眠障害があるのであれば、ベルソムラは堂々と処方してもらえ
ると思われますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

本当に効果があるのであれば、将来、糖尿病薬として認可される
ことにもなるでしょう。

ベルソムラにばかり頼らずに、熟睡する工夫をしたり、従来の
運動や食事療法で糖尿病の改善をはかることも大切だと思います。

関連記事:
一番簡単な糖尿病治療法は新睡眠薬で熟睡するだけ!その仕組は?

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ