じゃがいもサラダは最高の夏料理?熱中症夏バテ肌荒れに効く理由

そろそろ夏も終わりに近づいているというのに、今年はまだまだ暑い日
が続くと天気予報が伝えます。

度々暑さ日本一になる地域に住む私も寄る年波のせいか、今年の暑さは
こたえました。もううんざりです。

家庭菜園をやっている私は、熱中症が心配です。
そろそろ夏バテ気味ですし、

強い紫外線と暑さで肌荒れも気になります。

そんな私にじゃがいものサラダが最高の夏料理だということが
わかりました。 その理由をお伝えしますね。

スポンサーリンク

◆じゃがいもサラダが熱中症に効く理由

熱中症といえば、水分と一緒に塩分を補給しなければならないことが強調
されていますが、実はカリウムも汗と共に流れて不足するのだそうです。

塩分の不足は血液中で起こりますが、カリウムの不足は細胞の中で生じる
ので、熱中症になってから回復が難しくなるとのことです。

そこでじゃがいもには種類に関係なくカリウムが多く含まれて
いるので、熱中症の解消に役立つのですね。

マラソン選手が大会中によくバナナを食べているのをみかけますが、バナナに
もカリウムが多いので熱中症の予防になり、糖分もあるのでカロリーの補給に
なることがわかりました。

マラソンの途中でじゃがいもサラダを食べるのは難しいでしょうから
バナナの方が良いですね。

 

◆じゃがいもサラダが夏バテに効く理由

じゃがいもには疲労回復に必要なビタミンB1やビタミンCが多く含まれて
いるので夏バテに役立つのです。
ビタミンCは、熱に弱いことで知られていますが、じゃがいものビタミンC は、じゃがいものデンプンで守られているのでビタミンCが失われにくい のです。

さらにサラダのドレッシングに使用するお酢に含まれているクエン酸も
疲労回復の重要な要素です。

スポンサードリンク

 

 

◆じゃがいもサラダが肌荒れに効く理由

夏の紫外線と暑さで生じる肌荒れの回復には、肌の再生に必要なタンパク質やビタミンA、B群、Cなどが必要とされます。

じゃがいもサラダに、タンパク源であるゆで卵やハム、さらにビタミンAが豊富な人参や青菜を加えれば、必要な栄養をじゃがいもサラダだけで摂取することができます。

 

◆まとめ

ゆでたじゃがいもをお好みに切って、細切りの生人参やサラダ菜を添え、ゆで卵やハムも入れて、ドレッシングで食べれば、さっぱりした夏料理ができ、熱中症・夏バテ・肌あれに効く栄養素をすべて摂取することができます。

これは最高の夏料理だと思いますよ。
色々アレンジすれば、毎日飽きずに食べられますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ