前立腺肥大症は最新の日帰りレーザー手術で安全に改善できる!

toilet_danshi_kabekake男性トイレ女性の筆者にはわからないのですが、55歳以上の
男性の5人に1人が発症するという「前立腺肥大症」
は日本全国では推定400万人にも達するのだそうです。

そんな中高年男性に朗報です。

前立腺肥大症を放置すると、膀胱の中に尿がたまって
いるのに尿が排出できない「尿閉」や、尿の通り道が
つまって腎臓の働きが悪くなる「腎後性腎不全」など
が起こることがあるので、日帰りで簡単に安全にでき
る手術法ができたことは幸いです。

ザクザク夕刊フジ(2017年、5月29日)の加藤医師の
記事(最新レーザー手術で「肥大症」改善 中高年の
尿トラブル一因、放っておくと尿閉や腎後性腎不全に)
を参考にレーザー手術をご紹介します。

スポンサーリンク

◆今までの前立腺肥大症の治療

❖前立腺肥大症の症状

  • 残尿感:排尿後も尿が残っている感じがする
  • 頻尿:トイレが近い(一般的には 1日8回以上)
  • 尿が途切れる
  • 急に尿意をもよおしがまんできなくなる
  • 尿の勢いが弱い
  • 腹圧排尿:お腹に力を入れないと尿が出ない

こんな症状があったら前立腺肥大症かもしれません。

❖薬による治療

  • 筋肉の緊張をといて前立腺の中の狭くなった尿道を広げる薬
  • 肥大した前立腺を小さくする薬
  • 血流を改善する薬

など、患者さんのそれぞれの状態に合わせて薬を使うことで、改善
される場合も多いです。

❖内視鏡手術法(経尿道的前立腺切除術)(TUR-P)

薬物療法で効果が不十分な患者さんや、尿閉、尿路感染症、腎機能
低下などがある患者さんに検討するのが、

尿道から内視鏡を挿入し、前立腺の組織を電気メスで切除する
経尿道的前立腺切除術(TUR-P)です。

現在世界的に最も多く施行され、前立腺肥大症手術において最も
標準的な方法になっています。

しかし、この場合10日ほど入院する必要があり、50歳代では仕事に
も大きな支障をきたすことになる欠点があります。

スポンサードリンク

◆ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)とは

内視鏡を尿道から通し、その先につけたレーザーメス で肥大した
前立腺腺腫を安全・確実に切除して小さくする手術です。

これまで主流な手術術式であった経尿道的前立腺切除術(TURP)
よりも出血や術後の疼痛が少なく、安全で日帰りも可能です。

100ml以上の大きな前立腺にも適用でき、サイズに関係なく行える
のもメリットです。

腺腫を確実に核出する方法から、再発が少ない点もメリットです。

※核出術とはがん用語 Weblio辞書によると

木の実を殻から外すように、臓器や腫瘍を完全無傷な状態で取り
除くこと。
だそうです。

❖ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)実施病院名

かとう腎・泌尿器科クリニック>> ホルミウムレーザー前立腺核出術

公立学校共済組合関東中央病院>> ホルミウムレーザー前立腺核出術

 

◆CVPレーザー前立腺肥大症手術

CVPは、半導体を利用して発生させるダイオードレーザーで組織を
蒸散させる手法です。

※蒸散とは百科事典マイペディアより
”動物では,皮膚や呼吸器官から水分が自然に放散すること”
ホルミウムレーザーよりさらに低侵襲で、手術時間が短く、出血が
ほとんどなく、より安全です。

体に優しい方法なので、高齢者でも、体に負担を掛けずに行えます。

しかしこの方法は日本ではかとう腎・泌尿器科クリニックでしか
実施されていません。

❖泌尿器科クリニック(神奈川県平塚市)理事長の加藤忍医師

加藤医師はHoLEPを東京で初めて行い、CVPを日本に導入した
人で、
「前立腺肥大症の手術は、排尿障害が改善するだけでなく、生活の
質を大きく変えます」と話しておられるそうです。

かとう腎・泌尿器科クリニック>> 日帰り前立腺肥大症手術(CVP)

 

◆まとめ

女性の筆者・元気ナースには経験できないことですが、尿が出なく
なり、腹部がパンパンに張ってしまい、救急車で運ばれてくる患者
もいるという前立腺肥大症。

日帰りでできるレーザー手術は、出血も少なく、術後の痛みも少ない
と言います。

これからどんどん普及していくことでしょう。

前立腺肥大症で困っているあなたは、レーザー手術を実施している
病院のホームページを見て考えてみて下さいね。

私も最近、日帰り白内障手術を受けて、驚くほど良く見えるように
なり、人生がさらに輝くようになりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ