夏は血圧が下がるのでご注意!高血圧の人ほど危険!理由と対策は

ketsuatsu_keisoku.png血圧ダークチョコレート(ハイカカオチョコレート)
を毎日一切れ食べるだけで血圧が下がるという
情報を得た筆者・元気ナースは、早速夫に朝の
コーヒーのつまみに食べさせてみました。

春に開始して、2~3週間ぐらいでしょうか、
降圧剤を飲んでいても上の血圧(収縮期血圧)
が145mmHg前後、下の血圧(拡張期血圧)
が90mmHg前後だった夫の血圧が、上135mmHg下85mmHg前後
になりました。

関連記事>>ダークチョコレート1日1粒で血圧が下がる?ケルン大学の研究から

やはりチョコレートは効くのかなとうれしくなり
いい調子と思っていたのですが、6月に入って
暑い日のこと、夫が「なんだか、このごろ
ふらふらするんだよ」と言うのです。

あわてて血圧を測ると、なんと上が120mmHg
下は80mmHg に下がっていたのです。

若い人なら適切な血圧ですが、普段140mmHg
以上ある人が120mmHgまで下がったら血流不足
でふらふらするのは当然です。

夏は血圧が下がるのは知っていたのですが、まだ
6月だということでうっかりしていました。

それからは毎朝血圧を測定して、降圧剤を半分
にしたりして調節していますが、こういう人は
多いのではないかと思い、お知らせしようと思います。

スポンサーリンク

◆夏に血圧が下がる理由

❖血管の拡張

夏になると気温が上がり、体内に熱がたまるので、その熱を放散
するために血管が広がって、中身が減るために血管への圧力が
減って、血圧が下がります。

冬はその逆で、熱を逃がさないように血管が縮むので、血圧が
上がります。

なので、一般的には夏は血圧が下がり、冬は血圧が上がります。

❖血管内の水分と塩分の減少

夏は暑いので体温を下げるために、汗が出ます。汗を多量にかくと
血管内の水分と塩分が減るため血圧が下がります。

血管内の塩分が減ると血圧が下がるのを、不思議に思う方もおら
れるでしょうが、

浸透圧の関係で、水分は濃度の薄い方から濃い方へ流れて、濃度
を一定に保とうとします。

従って血管内の塩分が薄くなると、水分は塩分が濃い血管の外へ
出ていってしまうのです。

 

◆高血圧の人ほど危険な理由

高血圧の人は普段から降圧剤を飲んで無理に血圧を下げている人
が多いのです。

その場合、夏になり血管の拡張と血管内部の水分と塩分の減少に
より血圧が下がっても、降圧剤を飲んでいない人は、身体が自然
に血圧を調節しますが、降圧剤を飲んでいる人は、降圧剤がさら
に血圧を下げようとしますから、必要以上に血圧が下がって
しまうのです。

血圧が下がり過ぎると、脳梗塞や認知症になる危険が高まります。

関連記事>>関連記事>>降圧剤にご注意!血圧を下げ過ぎると認知症や脳梗塞等になる理由

また、高血圧の人ほど、夏は血圧が下がるだけでなく、冷房など
により急に寒い所に行くと、血圧が急上昇する危険もあります。

気をつけましょう。

◆高血圧の人の対策

いままでの理由により、高血圧の人ほど、夏は血圧のコントロール
が大切なことがわかります。

その対策は

❖医師と相談して降圧剤を調節する

毎日血圧をこまめに測定して、普段より血圧が下がり気味なら
医師に相談して降圧剤を調節してもらいましょう。

※一般的には、朝の血圧が一番高いので、朝が高いからと、降圧
剤をいつも通りに飲むと日中は下がり過ぎますのでご注意下さい。

薬の量を減らしたり、別の種類に変えたりしてもらうことです。

複数の降圧剤を飲んでいたり、利尿剤を飲んでいる人、特に
高齢者は調節機能が衰えているので、注意が必要です。

❖水分と塩分の調節

水分と塩分が減ると血圧が下がることを書きましたが、その反対
に水分と塩分を摂取すると血圧が上がります。

その兼ね合いが難しいのですが、血圧の高い人は塩分の取り過ぎ
はいけませんので、大汗をかいた時はスポーツドリンクで塩分
や糖分を補給し、それ以外のしっとり汗には、こまめな水分だけ
で良いと多くの医師たちが述べておられます。
出先では血圧測定もままならないと思われますので、大汗を
かいてふらつくほど血圧が下がったと思われるときは、スポーツ
ドリンクや経口補水液を飲みましょう。

それほどではないときは、水分だけか、スポーツドリンクを
2倍に薄めて飲むのがお勧めです。

色々ご自分に合う方法をみつけましょう。

❖気温の変動を避ける

温度差が5℃以上で血圧が上がると言われていますので、冷房の
効いた場所に入る時は、上着を着るなどして、温度差を縮める
ようにしましょう。

❖アルコールに注意

夏はビールが美味しいので、ついつい飲みすぎてしまう人も多い
でしょうが、これがまた危険なのです。

アルコールを飲むと血管が拡張して、かなり血圧が下がります。
ただでさえ夏の暑さで血圧が下がっている所に、アルコールで
さらに血圧が下がると、たちまち脳梗塞や心筋梗塞の危険に
襲われます。

脳梗塞や心筋梗塞は冬に起こると思われていますが、真夏の暑い
時もよく起きるのです。

さらに、夜に下がった血圧が明け方にリバウンドして、急上昇
することがあります。

明け方の脳卒中(脳梗塞、脳出血)も多いので気をつけて下さいね。

◆まとめ

夏は血圧が下がる理由と、高血圧の人ほど危険な理由。
その対策について書きました。

これは筆者の夫が実際に体験したことですので、高血圧の人ほど、
夏の血圧には注意して頂きたいです。

うっかりしたら、大事な夫が脳梗塞になって、半身不随になって
しまったかも知れないところでした。

降圧剤よりはダークチョコレートの方ががんの予防にもなると思い
今も毎日1切れのチョコレートを夫と私も食べています。

夫の降圧剤もかなり減っており、将来は不要になることを希望して
います。

私の中性脂肪も基準値内になりました。
チョコレートは色々食べていますが、一番多く食べているのは
明治製菓の「チョコレート効果72」です。

興味のある方はお試し下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ