水分不足で認知症に!毎日1.5ℓの水分摂取が認知症を予防し治す理由

bottle_water.png水ペットタレントの梅宮アンナ(45歳)が、2016年の2月、
例年通り人間ドックを受けた時のこと、

水分不足のため「このままだと若年性認知症に
なりますよ」と医師に告げられ、大変ショック
を受けたそうです。

最近の人間ドックは、水分不足も検査するの
ですね。

確かに水分不足になれば、血の巡りも悪くなり
ますから、脳にも良くないことは分かります
が、認知症になるとはびっくりです。

そこで、水分不足と認知症について調べてみました。

スポンサーリンク

◆身体の水分が1~2%減ると意識障害が起きる

夏の熱中症で、脱水になるとまず意識レベルが低下して、頭が
ぼーっとしてきて、ふらつき、そのうち倒れてしまいます。

水分不足で認知症になるのは、それと同じ現象なのです。

身体から必要水分の1~2%減ると、身体全体の細胞が正常に
機能しなくなるため、意識がもうろうとして、熱中症と同様に
意識障害が起こるのです。

身体の水分は、尿、皮膚や呼吸からの蒸発、汗、排便などで、
毎日必ず出て行きますから、その分を補わなければ、脱水状態
になります。

脱水状態が続くと、最初はちょっとぼーっとし始め、そのうち
物忘れが続き、本格的に認知症が始まっていくのです。

❖筋肉が少ない人が水分不足になる

以前の「ためしてガッテン」ドライボディで、水分は筋肉に
蓄えられることを学びました。

筋肉の多い人は、水分を筋肉にたくわえているので、すぐに
は脱水にならず、認知症にもなりにくいと考えられます。

梅宮アンナさんは、若いのに水分不足とは、おそらく筋肉が
少ないのでしょう。

スポンサードリンク

◆摂取する水の量と物忘れの関係の調査

今から約9年前、鳥取県琴浦町の老人クラブの協力のもとに行った
健康実態調査では、飲んでいる水の量が多い人の方が物忘れが少
ないことが実証されました。

65才以上で介護保険未申請の4827人を対象にした調査で、1日に
コップ3杯しか水を飲まない人は、6杯以上飲む人よりも、物忘
れが5%程多いことが分かったというのです。

これで、水分が認知症を予防することが分かりました。

◆水分が認知症を治す

すでに認知力が落ちていた人でも、体の細胞に水分が満たされて
くれば、認知症は改善されるとのこと。

徘徊や夜中に大声をあげたり暴れたりする認知症の症状は完全に
水分不足であり、しっかり水を飲めば、数日で劇的によくなると

「水をたくさん飲めば、ボケは寄り付かない(講談社)」の
著者である国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁氏は述べて
います。

そして、「若年性認知症も高齢者の認知症も原理は同じですから
物忘れ防止のためにも、40~50代から水を飲む習慣を身につけて
おいた方がいいんです」と竹内氏。

水分が認知症を治すこともあるのですね。
全ての認知症を治すとは思えないですが。

 

◆毎日飲むべき水分が1.5ℓの理由

色々なサイトに、毎日1.5ℓの水を飲みなさいと書かれているので
どうして1.5ℓなのだろうと調べてみました。

すると

❖1日に身体から出る水分の量

尿として排泄される水分(1500mℓ)
排便で必要とされる水分(200~300mℓ)
汗、皮膚からの蒸発、呼吸で失われる水分(700~1000mℓ)

出る合計:2400~2800mℓ

❖1日に身体に入る水分

食事から摂取する水分(700~1000mℓ)
ネルギー代謝で発生する水分(200~300mℓ)

入る合計:900~1300mℓ

です。

出る水分量から入る水分量を引くと 1500mℓ(1.5ℓ)
不足することが分かります。

それで、毎日1.5ℓの水分を飲みましょうということ
なのです。

夏、たくさん汗をかいたときは、当然、もっと多く飲む
必要があります。

スポンサードリンク

◆高齢者が水不足になりやすい理由

  • 筋肉がだんだん減る
  • トイレにいくのがいやで水分摂取を控える
  • 感覚が鈍くなり、のどの渇きに気づかない
  • 腎臓の働きが弱り、水分が回収できずに排泄してしまう

なので、高齢者は特に注意が必要です。

❖脱水のサインに注意

  • 口の中がネバネバする
  • わきの下がかわいている
  • 皮膚をつまむとあとが残る
  • 便秘ぎみ 体重の急な減少

高齢者は自分では気づかないことも多いので、周りの人も
気を付けてあげるようにしましょう。

✱大汗をかいたり、脱水の時は、塩分と糖分が必要です。
カバンに経口補水パウダーの小袋を1~2個入れておくと
便利です。水があればすぐ補水液が作れますから。⇓⇓

◆まとめ

タレントの梅宮アンナさんが、水分不足で若年性認知症になり
ますよと医師に告げられて驚いたということから、水分不足
と認知症について調べました。

水分不足でなぜ認知症になるのか、水分をたくさん摂取すれ
ば認知症の予防になり、ある程度治すことができることが
分かりました。

高齢者が水分不足になりやすい理由や、脱水のサイン、
なぜ毎日1.5ℓの水分が必要なのかも調べました。

高齢者でも若者でも、水分不足で認知症になりうることが
分かりました。みなさんもご注意下さいね。

❖参考文献:

「水をたくさん飲めば、ボケは寄り付かない(講談社)」竹内孝仁
ためしてガッテン ドライボディ 他

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ