勉強の集中力を高める食べ物は?効果的なおやつをチェック

いよいよ秋、受験生は勉強に集中しなければ
ならない季節の到来ですね。

集中力を高める方法は色々あるようですが、
その中の一つに、集中力を高める食べ物が
あり、それは勉強中のおやつとして食べる
と効果的なんだそうです。

おやつが効果的な理由とどんなおやつが効果
があるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

◆おやつが集中力を高める理由

❖脳のエネルギー源はブドウ糖

筆者も受験生の時は、勉強中によくお腹がすいたものです。

それは、脳の重さは約1400gで体重の2%位ですが、消費する
エネルギーは基礎代謝量だけで、全身の20%を占める大食漢な
臓器だからです。

脳を最大限に使うと、1日の消費カロリーのおよそ半分も消費す
ると言われていて、体中の臓器の中でエネルギー消費量が最大の
臓器だとされています。

脳のエネルギー源はブドウ糖のみで、ブドウ糖しか脳関門を通過
することができません。

脳の消費エネルギーをブドウ糖に換算すると、脳は、安静にし
ていても1日120g、1時間に5gものブドウ糖を消費するのです。

しかも、脳に蓄積できるブドウ糖は、ほんの少しなので、おやつ
などでブドウ糖を食べて、エネルギーを補給しながら勉強すると
効果的なことがわかります。

 

❖ブドウ糖の効果

ブドウ糖の効果には、

  • 脳にエネルギーを供給して眠気を防止、集中力の低下も防止する。
  • 脳がブドウ糖を吸収するとき作られるアセチルコリンが、
    記憶力を高めると言われている。など学習能力を高めてくれる効果があるとされています。

❖ブドウ糖、果糖、ショ糖(砂糖)の違い

脳のエネルギー源であるブドウ糖や果糖、ショ糖(砂糖)との
関係について調べてみました。

●ブドウ糖とは

ブドウ糖は別名グルコースとも呼ばれ、果物・はちみつなどに
含まれる単糖類のことでそれ以上は分解できない糖です。

自然界で最も多く存在している糖分です。

ブドウ糖は小腸から吸収されるとすぐに血糖値を上昇させ、脳や
体のエネルギーになり、約25%が肝臓にグリコーゲンとして蓄え
られます。

●果糖とは

果糖は別名フルクトースとも呼ばれ、名前の通り、果実、はちみ
つ、根菜などに多く含まれている単糖類です。

すべての糖の中で最も水に溶けやすく、最も甘い糖です。

果糖は約10%がブドウ糖に変えられ、90%は果糖のまま吸収
され、すべて脳以外のエネルギーに使われます。

果糖は血糖値を上げにくく、徐々に吸収されるので、糖尿病や
心臓病患者さんにも利用されてきました。

それでも過剰に摂取すると肥満になります。

●ショ糖(白砂糖)とは

ショ糖はスクロースとも呼ばれ、ブドウ糖と果糖が合体した二糖類
なので、分解吸収するまでに、時間がかかります。

白砂糖のほとんどはショ糖と言われています。

スポンサードリンク

◆効果的なおやつはドライフルーツ

脳のエネルギー補給にはブドウ糖が良いことは述べましたが、
ブドウ糖はすぐに血糖値を上げる性質があります。

急にブドウ糖が体の中に増加すると、膵臓からインスリンが分泌
され、血糖値を下げようと働きます。

これにより、血糖値が下がり過ぎると、低血糖状態になり、眠く
なってしまい集中力が下がることもあります。

 

❖ドライフルーツが効果的な理由

脳にブドウ糖を補給したいが、血糖値は上げたくないときに効果
的なのは、ドライフルーツです。

ドライフルーツは果物を干したもので、ブドウ糖が豊富ですが
繊維が豊富なので、ブドウ糖の吸収を遅らせてくれるために、
血糖値が急には上がらないのです。

その上、ブドウ糖だけでなく他の栄養も生のものより多くなる
物があります。

イチジクはドライにすることで、鉄分が生の5倍になるそうです
から、鉄分不足による集中力の低下にお勧めです。

ブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニジンは、眼精
疲労などに効果的で、疲れ目による集中力の低下に効果があり
そうです。

マンゴーは神経伝達をスムーズにするビタミンB群が豊富なので
集中力持続に効果的だと言われています。

乾燥により噛み応えがあるので、よく噛むことで、脳に良い
刺激が伝わることが期待されます。

ドライフルーツの豊富な繊維が、腸内環境も整えてくれますし、
コンビニエンスストアでも買えるので、手軽に食べられるのも
魅力です。

頭を使わないで食べ過ぎると太りますから注意しましょう。

参考文献:勉強中の集中力アップに効果的な「おやつ」は、あの「おやつ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00010002-benesseks-life

◆まとめ

勉強の集中力を食べ物でアップする方法は、勉強をしながら
ドライフルーツをおやつにして、少しずつ食べるのが効果的
であることがわかりました。

それは、脳のエネルギーを補給できるのはブドウ糖だけです
が、ブドウ糖を一度に食べると、血糖値が急激に上って、
血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌され、今度は
血糖値が急激に下がって、低血糖状態になり、眠くなって
しまうからです。

ドライフルーツの繊維がブドウ糖の吸収をゆっくりにするので
脳にブドウ糖を補給したいが、血糖値は上げたくないときに、
おやつとしてドライフルーツを食べるのが効果的なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ