ドライアイ対策!私が簡単に改善した方法と最新治療について

dry_eye.pngドライアイ暑い夏がすぎて、もう10月、気持ちが良い秋の訪れです。
しかし、忘れていた私の持病、ドライアイが始まった ようです。

昨日から、湿度40%の気持ちの良い秋晴れ
ですと、テレビの お天気お姉さんが言って
いましたが、この湿度が問題。

放送前からなんだか目がゴロゴロし始めていました。
半年ぶりの私のドライアイ治療が始まります。

スポンサーリンク

◆元気ナースのドライアイ治療法

10年ぐらい前のこと、目が乾燥してゴロゴロするので
眼科を受診すると、軽いドライアイとのことで、涙の成分
を含むヒアルロン酸入り目薬を処方されました。

ヒアルロン酸って、化粧水に入っている保湿成分だとは
知っていましたから、目の保湿にも効くのかと感心した
ことを覚えています。

 

パソコンを長い時間見ているから仕方ないかとあきらめて
その目薬を、一日6回もさしましたが、よくなりません。

一日6回も目薬を入れる面倒さも手伝って、なんとかならない
かとネットで検索したところ、目の潤滑油が足りないのだから
ヒマシ油入りの目薬が良いという記事を見つけました。

 

ヒマシ油とは便秘の下剤に使う薬ですが、これも目薬に使えるのか
と感心して楽天でヒマシ油入りの目薬を探しました。

インターネットって本当に便利ですね。
ドラッグストアに行かなくても簡単に薬が見つかるんですから
そして最初に見つけたのが佐藤製薬のノアールUV目薬でした
この目薬を1日3回程度点眼し始めると、徐々に症状が改善
され始めました。

そのうち、点眼するのを忘れるようになり、梅雨時から夏の
湿度の高い時期は全然目薬がいらなくなったのです。

ヒマシ油恐るべしです。
今年も、もう半年ぐらい目薬をさしていませんでした。
10年前に購入したノアールUV目薬をまだ使い切っていないの
ですが、数年前に使用期限が切れていたので、近所に
できたドラッグストアに買いに行きました。
ノアールUV目薬は無かったので、薬剤師さんに「ひまし油入り
の目薬を下さい」と言うと、目薬にひまし油なんて入っていない
でしょう」と言うのです。

 

薬剤師さんも知らなかったんですね。実際にノアールUV目薬
にはひまし油が入っていたことを告げると、半信半疑の顔で
ロート目薬の成分を見てくれて、あったのです。
薬剤師さんもびっくりした様子でした。

今度購入したロート製薬の新なみだロートドライアイも良い
調子です。

両方とも、ひまし油は成分ではなく添加物として入っています。
涙成分も入っているから効果があるのでしょう。

毎年誕生日に眼科で検査をしてもらいますが、目に傷なども
できておらず良い調子です。

◆最近の研究でわかったこと

ドライアイには、涙が分泌されにくいタイプと、涙が蒸発しやすい
タイプがあり 治療法が異なる。

ドライアイの8割は、涙が蒸発しやすいタイプであり、原因は
涙の成分である ムチンや油脂の分泌異常である。

❖涙が分泌されにくいタイプの治療法

涙成分の点眼薬、保護用メガネ、涙の流れ口に栓をして涙をためる
涙点プラグ法などの従来の方法で効果がある。

❖涙が蒸発しやすいタイプの治療法

涙が蒸発しやすいタイプのドライアイは前記の治療では不十分に
感じることが少なくないとのこと。

※私(元気ナース)はこの涙が蒸発しやすいタイプのドライアイ
だったのです。
だから、涙成分の点眼薬では効果がなかったことが
分かりました。

ムチン入りの点眼薬は複数の製薬会社から発売されているので
それを 使えば、ある程度は効果がある。

ドライアイの最新治療法とは、油脂の分泌異常にたいする治療法
でした。

スポンサードリンク

 

◆油脂の分泌異常にたいする最新治療法2つ

上下のまぶたの縁にある「マイボーム腺」から油脂が分泌されるので
2つの治療法のとちらも、マイボーム腺に働きかける治療法です。

1.「LIPIFLOW(リピフロー)」治療

米国で開発された治療法です。
41~43℃の熱と圧力をかけて、まぶたを専用の機器ではさむことにより、
マイボーム腺に詰まった汚れや角質を取り除いて、油脂が正常に流れる
ようにする。

 

2.「E-Eye(イーアイ)」治療

フランスで2014年に登場したばかりの治療法です。
フラッシュを照射してマイボーム腺を刺激し、油脂の分泌を促す
治療法です。

マイボーム腺の出口の詰まりが原因ならLIPIFLOW治療
マイボーム腺 が一部萎縮しているならE-Eyeが適しているので、
患者さんに適した方の 治療法を選択することになるでしょう。

どちらの治療法も3か月ごとに一年間経過観察の結果、
副作用は報告されて いないそうですが、下記に該当する人は効果が
期待できない可能性があるそうです。

目のアレルギー、重度のまぶたの炎症、
抗精神薬など乾燥の原因になる薬を飲んでいる人、
シェーグレン症候群の人、目が開きにくい人。

◆まとめ

元気ナースの場合は涙が蒸発しやすいタイプで、油脂不足による
比較的軽い ドライアイなので、ひまし油入りの目薬で効果がある
のだと思われます。

もっと重症な人は最新治療法を試されるのも良いと思います。
ヒマシ油入りの目薬に副作用は考えられませんが、自己責任で
お試しくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ