長生きの秘訣は週に3~5日食べる唐辛子!食べ過ぎは危険?

tougarashi_redpepper.png唐辛子

唐辛子をほぼ毎日食べると死亡リスク低下/BMJという記事が
ヤフーニュースに出ていましたが、どうも納得できません。

China Kadoorie Biobank collaborative groupのJun Lv氏らの調査 とのことで、
調査方法は

2004~2008年に中国の様々な10の地域で50万人以上の参加者の登録
を行い、がん、心疾患、脳卒中にかかっている参加者を除いて、
30~79歳の約49万人(男性約20万人、女性約29人)を対象とした
調査を行った結果だそうです。

追跡調査は2004年~2013年の9年にわたって行われています。

香辛料の原料は、「生唐辛子」「乾燥唐辛子」「唐辛子ソース」
「唐辛子油」「その他」「不明」の中から回答(重複回答可)
してもらった結果ですがどれぐらい食べたかはわかっていません。

スポンサーリンク

◆香辛料入り食品の摂取頻度別の絶対死亡率

 

・週1日未満の群が1,000(人年)当たり6.1人死亡。
・週1~2日の群が1,000(人年)当たり4.4人死亡。
・週3~5日の群が1,000(人年)当たり4.3人死亡。
・週6~7日の群は1,000(人年)当たり5.8人死亡。

(人年)というのは、観察した人数×年数 です。
100人の人を10年観察すると1000人年になり、
1000人年当たり6.1人死亡というのは、100人の人を10年
観察しているうちに6.1人死亡したというような意味でしょう。

※この結果では週3~5日までは死亡率が減っていますが
週6~7日では死亡率が高くなっていますから、食べ過ぎは
いけないように思われます。

しかし

 

◆補正後の全死因死亡率

 

統計学のことはよくわからないのですが、既知のリスク因子や可能性のあるリスク因子で補正すると全死因死亡率は変わってしまい

週に1日も食べない集団に比べ、全死因死亡の相対的リスクは

・週1~2日の群が10%減少。
・週3~5日の群が14%減少。
・週6~7日の群も14%減少。

になるそうです。

絶対死亡率では、週6~7日で死亡率が高くなっていましたが
補正後では3~5日群と同じ14%減少です。

※それならば、週3~5日でよいのではないかと私は思うのですが
ニュースには、ほぼ毎日(週6~7日)食べると死亡リスクが減る

と書かれているのです。どうも納得できません。

ニュースの中でも「観察研究であるため、因果関係は確定できない。
さらなる試験を行う必要がある」と書かれていますが、その通りだと
思いました。

(ソース:唐辛子をほぼ毎日食べると死亡リスク低下/BMJ
ケアネット 2015年8月17日公開)

スポンサードリンク

 

◆食べ過ぎはいけないと思う例

自由奔放に生きているような女優の遠野なぎこさんは、
大の唐辛子好きで、毎朝サラダに唐辛子を2本かけて食べていたら、
抜け毛がひどくなってきたのだそうです。

そこで、テレビ番組『私の何がイケないの?』(TBS系)の中で
遠野なぎこさんを人間ドックで調べてみたら、肝臓などの内臓に
疾患があり、抜け毛の原因も辛い物の食べ過ぎとわかったそうです。

さらに余命7年と診断されて、可愛がっている猫より早く死ぬ
わけにはいかないと号泣し、辛い物もお酒も控えることにした
とのこと。

唐辛子を食べ過ぎると毛が抜けるのですよ。

 

◆週3~5日、少々の唐辛子が長生きの秘訣

ですから、週3~5日ぐらい、唐辛子を普通に少々ふりかけて
食べるのが長生きの秘訣なんじゃないかと思うのです。

唐辛子の成分であるカプサイシンには

・新陳代謝をよくする
・食欲を増進する
・胃腸の健康増進
・塩分の取り過ぎを防ぎ高血圧を予防する
・肥満を予防する
・免疫力を高める

などなど多くの効能効果があるのですから、適量であれば
長生きするのは納得です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ