シンナー急性中毒の症状と原因や対処法!してはいけない応急処置

私(元気ナース)のシンナー中毒の記事
シンナー中毒の症状は?シンナーで脳が溶ける?治療法はない?
に毎日多数のご訪問をいただいています。no_man.png薬物中毒

もっと詳細な情報が必要とされている
のではないかと感じるようになり
記事を追加していくことにしました。

お役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク

◆シンナーとは

シンナーとは 英語で thinner うすめる(thin)ものという意味です。

その意味のごとく、シンナーは、うすめ液とも言われ、ラッカー,ペイント,ワニスなどの塗料を薄めて塗りやすくするために用いる溶剤です。

オシャレのため爪に塗るマニキュアにも使われていますね。

❖シンナーの条件

塗料をうすめるために使われるのですから、塗料の性質が変化しては
困ります。そこでシンナーの条件は

塗料に含まれる樹脂,セルロース誘導体,添加物などを析出しないこと
塗膜の白化を起こさないこと
なめらかな塗面を与えること

が重要です。私が子供の頃は、塗り物の表面が白く変色しているのを
多くみかけたものです。

❖シンナーの成分

溶剤の沸点、蒸発する速度、樹脂の溶解力、混和性を考慮して

  • トルエン キシレン ベンゼン テレピン油
  • その他の芳香族炭化水素類
  • 酢酸エステル類
  • アルコール類

などを混合してつくられます。
それらは有機溶剤と総称されています。

❖シンナーの性質

色々な成分が混じっており、特に接着,塗装,印刷,洗浄等のような作業に用いられる事が多いです。
シンナーに含まれる有機溶剤は、人体にとっては有害なものが多いので危険です。

主な性質は

  • 揮発性が高く引火しやすい
  • 水より軽く、水とは混じりにくい
  • 刺激臭がある
  • 沸点が決まっている
  • 揮発性が高いので呼吸器から容易に侵入する
  • 中枢神経の麻酔作用がある
  • 脂溶性のため、すべての経路から体内に吸収され脳にも入り込む

    スポンサードリンク

◆シンナーの急性中毒の原因

シンナー(有機溶剤)は高濃度を吸えば、急性中毒になり、低濃度でも長い期間吸えば慢性中毒になります。

揮発性を持っているものが多いので、短時間に多量を吸入することで
中枢神経が侵され、急性中毒を引き起こすのです。

特に、密閉されたタンクやトンネル、大きな槽など、閉鎖的な場所で、
高濃度の蒸気を吸うのが一番危険な原因です。

中枢神経とは脳脊髄にある神経ですので、症状は多岐に渡ります。

シンナーは、肺、腸管、皮膚のすべての経路から吸収され、麻酔作用がありますが、呼吸器で吸い込んだ場合の毒性は、口から飲んだ場合より140倍も毒性を発揮するとされています。

◆急性シンナー中毒の症状

急性シンナー中毒の症状について、軽度、中度、重度の症状、
シンナー遊びによる症状をまとめます。

❖軽度の症状

  • 多幸感(たこうかん):
    薬物などによる過度の幸福感や陶酔感のこと。
  • 頭痛、めまい、耳鳴り
  • 吐き気・嘔吐(おうと):はきけがしたり、はいたりすること。
  • 不穏(ふおん):興奮したり、大きな声で叫んだり、暴力を振るったりしやすい状態。
  • 意識障害:思考・判断・記憶などの能力が損なわれた状態。
  • 皮膚症状:発赤、びらん、水泡(すいほう)

などが生じます。

❖中度の症状

  • 運動機能異常:歩き方が変になったりよろけたりする。
  • 意識消失:意識がなくなり失神したりする。
  • 知覚異常:刺激に対して過敏になったり鈍感になったりする。

などが生じます。

❖重度の症状

死にいたる症状は過度の麻酔作用によるもので

  • 呼吸抑制:呼吸困難とは違い、呼吸が弱くなる。
    呼吸数が1分間に10以下になるなど苦しくはない。
  • 心室細動(しんしつさいどう):心臓の心室の筋肉が細かく不規則に収縮する。
  • 肺水腫(はいすいしゅ):肺に体液がたまる状態。

などが生じ、いずれも放置すると死亡します。
すぐに救急車を呼びましょう。

❖シンナー遊びによる症状

シンナーは今では法律で劇物に指定され、青少年が入手することは困難
になりシンナー遊びはほとんど行われなくなっているようです。

シンナー遊びに使うのはトルエンが主で、塗装用のシンナーとは
急性中毒症状が多少異なります。

シンナー遊びの急性中毒症状は
  • 羞恥心(しゅうちしん)がなくなる:恥ずかしいことがなくなる。
  • 幻覚(げんかく)や幻聴(げんちょう)が現れる:
    実在しない画像が見えたり、実在しない音が聞こえたりする。
  • 少々の刺激で異常行動を起こす。

などの症状が現れます。

❖慢性中毒では

造血機能の低下、肝臓、腎臓機能低下、中枢神経系の変性、
脳萎縮(のういしゅく)、骨の軟骨化などが報告されています。
(慢性中毒については、後に記事にする予定です。)

◆急性シンナー中毒の対処法と治療法

急性シンナー中毒の症状が現れたら、すぐに新鮮な空気の場所に移動
するか自力で動けない場合は移動させます。

その時、救助者自身が中毒を起こさないように注意が必要です。

上記のような重度の症状が現れたときは、すぐに救急車(電話119番)
を呼びましょう。

救助者は、シンナー(有機溶剤)などの容器等を救急隊員に渡すと
医師が原因を追求する助けになります。

皮膚や目にシンナーが付着した場合は流水で洗い流し、皮膚は
石鹸で洗います。

救急車を呼ぶほどでない場合は、内科を受診します。

❖治療法は

吸着剤(活性炭)を飲ませて、それぞれの症状に対応する対症療法
で治療が行われます。

活性炭は多くの物質と結合する吸着剤であり,表面積が広く、それ自身
は消化管から体内に吸収されないため,服用した中毒物質の吸収を
抑える働きが強いのです。

活性炭は、腸管閉塞,消化管穿孔である.また,腸管運動を抑制する
薬物の服用や麻痺性イレウスによる腸蠕動の低下時も,禁忌となります。

◆してはいけない応急処置

シンナー(有機溶剤)や石油製品の経口摂取で死亡する原因の多くは、
中毒ではないのです。

誤って飲んだり、胃の洗浄時に誤って気管に入ったりして、激烈な
化学性肺炎を引き起こすことが原因です。

したがってシンナーを飲んだとしても、決して吐かせたり胃洗浄を
行ってはいけません。このことだけは覚えておいて下さい。

◆急性シンナー中毒の後遺症

急性中毒では死亡することはめったにないものの、
シンナーは脂溶性のため、血液脳関門を容易に突破して
脳脊髄の中枢神経系に作用します。

そのため、大量に吸入すると中枢神経が変性して、
運動機能障害、知覚異常、自律神経障害など
の後遺症が残る可能性があります。

◆まとめ

シンナーとはどんなものか、シンナー急性中毒の症状と原因や対処法
、後遺症の可能性、してはいけない応急処置について、まとめました。

特に覚えておきたいのは、重度のシンナー急性中毒の症状と
してはいけない応急処置です。

シンナーを取り扱う人は注意が必要ですね。

それから青少年のシンナー遊びは困ったものです。
親や学校は、子どもたちに注意する必要があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ