毛細血管ケアでアンチエイジング!ガッテン流の新方法とは?

7月13日の「NHK ガッテン」のテーマはkekkan_sarasara.pngさらさらの血液

毛細血管をケアすることで、若さと健康を取り
戻せるというもの。

毛細血管でアンチエイジングとは、どういうことか
調べてみました。

スポンサーリンク

◆毛細血管は年齢と共に減る?

全身に酸素と栄養を送り、二酸化炭素と老廃物を回収する大切な
毛細血管は、65歳までに40%も減少することがわかったのです。

2008年に発表されたベルギーのリエージュ大学病院の
研究結果です。

40%も減るとは思いませんでした。全血管の大部分を占める
毛細血管が40%も減るのは大変なことです。

ではとうして毛細血管は年齢と共に減るのでしょうか。

❖毛細血管が減る原因は?

毛細血管はもろくて弱いので、血圧の急激な変化や、血液の
流れが悪くなると動脈硬化が起こって、切れたり、詰まったりして
細胞が死に、消滅します。

過度の運動や、紫外線、ストレスなどで活性酸素が増えると
毛細血管が炎症をおこして消滅したりします。

❖ガッテンの新発見では、

毛細血管が減る原因は、
老化で毛細血管を囲んでいる血管壁がこわれ、
毛細血管の細胞のつなぎがゆるんで、血液が多くもれてしまい
先の方まで酸素や栄養が届かないためであることが分かったそうです。

(通常でも少しずつ血液を細胞の間からもらして、酸素と栄養を

運ぶのですが、壁がこわれると多量の血液がもれてしまうのです。)

ガッテンによると、血液のもれの最初のサインは、皮膚の内部の
毛細血管からのもれで、むくみが出ることだそうです。

❖毛細血管が減るとどうなる?

毛細血管が減ると、血液循環が悪くなり、全身の細胞に酸素や栄養
が行き渡らなくなるので、身体は衰えて老化が急速に進んでしまいます。

肌が老化してシミ。シワができるだけでなく、肺や肝臓などの
あらゆる臓器に影響します。

脳に影響すると認知症になるのが分かります。

スポンサードリンク

◆血管ケアという新発想

血管ケアとは、毛細血管を若い状態に保つことで、老化や病気を
予防し、アンチエイジングをするという考えです。

❖毛細血管を若く保つ方法

簡単で効果的なのが、ウォーキングや軽いランニング、
インターバル速歩などの有酸素運動をすることです。

有酸素運動をすると、酸素がからだのすみずみまで行き渡るので
それが刺激となって新しい毛細血管が作られ、末端の組織まで
十分な量の酸素や栄養が送られるようになります。

❖毛細血管は年をとっても増える

ガッテンの新発見では、血流を良くすると、年をとっても
毛細血管を増やすことができることが分かりました。

血流を良くすると、毛細血管の細胞の破れがくっつくと
いうのです。さらに、酸素の足りない場所に向かって新しい
毛細血管が新生して伸びるとのこと。

❖血流アップの極意

血流を良くすれば毛細血管が増えるなら、その簡単で
効率の良い方法を知りたいですね。

今までの、血流をアップする方法は、軽い運動、ふくらはぎ
のマッサージ、半身浴、炭酸泉浴など色々あります。

ガッテンで紹介された血流アップの極意は、なんと
スキップでした。

幼児たちがしょっちゅう跳ねているのは、自然に毛細血管
を増やしているのですね。

その場スキップでも、かかとの上げ下げでも効果があるそうです。

やり方は、
1回20~30回のスキップか、かかとの上げ下げ
を朝・昼・晩、するだけです。簡単ですね。

スキップやかかとの上げ下げは、ふくらはぎのポンプ機能で
血液が心臓に戻りやすくなるので血流が良くなるのだそうです。

ガッテンで毛細血管の少ない人が、スキップを1週間実施
したら、平均で51%も毛細血管が増えたのです。
すごいですねえ。

こんな簡単なことなら、今日からもう実行しようと思います。
かかとの上げ下げで、私は骨密度がアップしました。

夜寝る前しかやっていませんので、朝と昼もやることにします。

❖注目の食材

血流を良くする食材といえば、先週あさイチで紹介された
わさびがありますね。

そのほかに、血液をサラサラにする食材は玉ねぎ、
納豆の成分であるナットウキナーゼ、唐辛子
などがあります。

今回ガッテンで紹介された食材は、シナモンです。
数百種類の食材から選ばれたそうです。
漢方薬では、以前から血流をよくする薬として使用されていたとは。
漢方薬もたいしたものです。

コーヒーや紅茶にほんの少し入れて飲むだけで効果があるそうです。
スキップをしてシナモンを食べましょう。

シナモントーストもおいしいですね。
お酒は毛細血管を減らしますので、大量に飲んではいけないとのこと。

◆まとめ

  • 1.身体の老化は毛細血管の劣化や消滅だった。
  • 2.血流をアップすれば、年をとっても毛細血管を増やすことができる。
  • 3.血流アップの方法は、その場スキップ。

その場スキップのやり方は、
両手と両足をしっかり上げるスキップを20回、朝・昼・晩の3回行う。
(都合で、かかとの上げ下げでも同様の効果があるとのこと)

  • 4.毛細血管ケアで効果が期待される食材はシナモン。
    他にナガコショウ(ヒハツ)やルイボスティーも効果が期待できる。
    分量はシナモントーストにふりかけるぐらい。少量でよい。

スキップいいですね。パソコンを使うことが多い私にはピッタリです。
あなたもどうですか。

関連記事:玉ねぎで血液サラサラになる理由!効果的な食べ方と分量は?

関連記事:あさイチ!わさびのすごい効能!がんに効く種類やわさび水の作り方

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ