「2015年12月」の記事一覧

風邪薬と飲み合わせの悪い薬や食品に御注意!あなどっては危険です

virus_mask_man.pngマスクの男性

いよいよ寒くなり、風邪やインフルエンザの季節になりました。 ちょっと鼻水がでたり咳がでるなど風邪の症状がでても、病院に行かずに市販の総合感冒薬や、栄養ドリンク、または頭痛薬などですませてしまう人も多いのではないでしょうか・・・

うがい薬イソジンの副作用!うがいは水道水だけの方が良い

ugai_tearai.png うがい手洗い

のどの殺菌・消毒や口腔内部の洗浄、消臭に効果的ということで、 うがい薬のイソジンは昔から広く使われていますが、副作用のことはあまり知られていません。 それどころか、最近の研究で、風邪の予防にうがいは有効ですが、イソジンで・・・

咳喘息の原因と症状!最新の検査・治療法と私流の治療法について

virus_seki.png咳

就職一年目の冬のこと、風邪(かぜ)らしい症状の後、2か月も咳(せき)が続いたことがありました。      その咳が、何もないときは出ないのですが、何かのきっかけで咳が始まるとしばらく止まらないのです。 肺結核ではないかと・・・

カフェイン中毒と摂取量の関係は?死なないための注意点

cafe_coffee.pngコーヒー

日本で初めて、急性カフェイン中毒で死亡した人のことをニュースで知り驚きました。 短時間で多量のカフェインを摂取して急性カフェイン中毒になったとのこと。 コーヒー愛飲家の私は急に心配になりました。 どれぐらいのカフェインを・・・

RSウイルスの赤ちゃんの症状!重症化を見逃さないために

akachan_cry.png泣く赤ちゃん

ウィルス感染症の季節になり、RSウィルスが流行していることが ニュー スになりました。 しかし、RSウィルスという名前を年配の方はご存知ないのではないでしょうか。 私が子供の頃はもちろん、現在40歳代の私の子供たちが生ま・・・

BMIの計算法と女性のモデル体重の求め方!色々な体重との違いは?

モデル女

健康診断では最近BMI(ビーエムアイ)という簡単な指標が使われる ようになりました。 BMIの値によって、やせ過ぎか太り過ぎかが判断されるのですが、健康診断に参加した友人たちが意外に計算の仕方を知らないのです。 そして、・・・

尿の色は病気や健康状態のバロメーター!簡単なチェック法を覚えよう

bottle_water.png水ペット

あなたは自分の尿の色をチェックしていますか。 尿の色は病気や健康状態のバロメーターになるのです。 大まかな尿の色と病気の関係を覚えておけば、毎日簡単に健康状態 を チェッ クできますよ。 尿の色は健康な場合は色あせた黄色・・・

胸焼けと胃もたれの違いを知ろう!忘年会や新年会に役立つ対処法も

nomikai_salaryman.png忘年会

もう12月も半ばになってしまいました。 忘年会や新年会でお酒を飲む機会が増えますね。 そうすると必ずというほど胸焼けや胃もたれになる人がいます。 胸焼けと胃もたれの原因は同じだと思っている人が多いのでは ないでしょうか。・・・

新型ノロウィルスの新予防法はラクトフェリンヨーグルトかも

220px-Lactoferrin.pngヒトラクトフェリン

ノロウィルスの遺伝子がフルチェンジし、今までの免疫が役に立たない 新型ノロウィルスになったとのこと。 遺伝子の型が変わったと言っても、症状は突然の腹痛、嘔吐、微熱で 以前と変化がありません。 有効なワクチンも薬もやはりあ・・・

プリン体へのヨーグルト効果!そのメカニズムが分かった

jiko_nenza.png痛風

痛風というとビール好きの男性の足の親指の付け根が痛くなる病気、 そして、プリン体を多く含む食物を食べてはいけないということがまず、 頭に浮かびます。 でもこの4月(2015年)そのプリン体と戦うというヨーグルト 「プロビ・・・

杜仲茶の効能は血圧降下!飲むだけで血管がしなやかに若返る理由

kekkan_sarasara.pngさらさらの血液

杜仲茶は飲むだけダイエットで有名ですが、どうしてダイエットができるのか疑問に思って調べているうちに、 ダイエット効果もありそうですが、それよりは高血圧に効能があることが納得できました。   どうして高血圧に効く・・・

肥満による糖尿病の原因は脂肪細胞の炎症!引き金のタンパク質発見

himan06_woman.png肥満

日本人の糖尿病患者は年々増加して、予備軍も含めると6人に1人は糖尿病か糖尿病予備軍と言われるようになりました。 その多くは2型糖尿病ですが、肥満が原因と言われても、なぜ肥満で糖尿病に なるのかが、はっきり分かっていません・・・

牛乳と薬の飲み合わせ!良いものと悪いもの!それぞれの理由は?

milk_bin.png牛乳

毎朝牛乳を飲んでいる夫を見て、ふと牛乳で薬を飲んではいけないと言われていたことを 思い出しました。 夫の血圧の薬は牛乳でも問題ないのですが、たしか、胃のバリウム検査の後に渡される下剤は、牛乳や炭酸飲料で飲んではいけなかっ・・・

このページの先頭へ