(新型コロナ)ウイルスマスクのおすすめはガーゼより不織布が良い?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、   花粉症
マスクが大量に売れているようですね。

中国人の爆買は減ったそうですが、マスクについては
爆買が復活したとか。

マスクが品切れになるかもしれないと思った元気ナース
が自宅の在庫を調べてみると、昔ながらのガーゼのマスク
と、不織布マスクの両方が一箱ずつありました。

たしか、ガーゼマスクと不織布マスクの使い分け方があった
のを思い出し、正しい使い方をもう一度復習します。

スポンサーリンク

◆ウイルスの予防はガーゼより不織布マスクの方が良い理由

❖ガーゼマスクと不織布マスクの違い

ガーゼマスクは、薄いガーゼを何枚も重ねて飛沫を防いでいます。
大人用は16~18枚、子ども用は12枚のガーゼを重ねて作っています。

それでも、目があらいガーゼを重ね合わせているので、どうしても
隙間ができます。

不織布マスクは普通、紙のフィルターが入っていて、ガーゼより
隙間が少ないのが特徴です。

❖不織布マスクの方が良い理由

不織布マスクのほとんどのフィルターは、細菌飛沫、ウイルス飛沫、
ラテックス粒子と呼ばれる超微粒子を99%カットするので、
ガーゼマスクよりも防塵効果が高く、性能は高いとのこと。

それでもマスク着用時に鼻とマスクの間に隙間ができるので
99%シャットアウトとするのは無理なんだそうです。

(ガーゼマスクと不織布マスクのどちらも製造・販売している
スズラン株式会社・日本営業部の濱本貴光氏の弁)

◆ガーゼマスクの使い方

花粉などのアレルギー体質の人の場合は、化学製品である不織布マスク
で何らかの反応がでることもあるので、綿100%のガーゼマスクが良い
場合もあります。

綿を使ったガーゼマスクは、保温・保湿性に優れていて、のどを乾燥
とウィルスの増殖から守ってくれます。

ウィルスは湿度が40~60%で生存率が急激に下がると言われていますから。

ガーゼマスクは、防寒、乾燥対策という点で優れているのですね。

◆マスクの正しい使用法

・マスクを使用する前に、マスクに防菌スプレーをかけること。

・鼻と口をできるだけ空気の漏れがないようにおおう。

・マスクを外すとき、口周りをおおうフィルター部分は触らないこと。

・それでも、マスクを外した後は、手を洗うこと。

・不織布マスクは原則として使い捨てで、1日1枚程度の使用が目安です。

・一時的に外す場合は、専用の入れ物に入れたり、再び使用する場合は
消毒スプレーを使用するのがお勧めです。

広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門 ウイルス学研究室
坂口 剛正(さかぐち たけまさ) 教授の弁より
https://virus-eisai.com/mask/comment/

※これらのことからも、マスクをかけたまま、マスクをあごの下におろして
飲食をするなどは、顔についたウィルスがマスクを戻したときに口に
さわるので、いけませんね。

◆まとめ

中国から始まった新型コロナウイルスの拡散などにより、
感染予防のためにマスクが売り切れ続出しているようです。

マスクの種類を選ぶ余裕がないようですが、
ウィルス予防に直接効果があるのは不織布マスクのようです。

ガーゼマスクも、アレルギー対策、防寒作用が有効で
防湿によりウィルスを弱らせる効果はあるようです。

いずれにしても、マスクを正しく使用して
ウィルスから見を守りましょう。

スポンサーリンク

◆あなたにオススメ

コメントを残す

このページの先頭へ