最新情報

2017年5月23日
薬 サプリメント
亜鉛欠乏症や肝硬変に朗報!日本初追加承認された[低亜鉛血症]治療薬
ウィルソン病治療薬(銅吸収阻害薬)である ノベルジン(一般名酢酸亜鉛水和物)の効能・効果 に、「低亜鉛血症」が追加承認されました。 これにより、亜鉛欠乏症による味覚障害や肝硬変 など亜鉛不足が原因と考えられる病気にノベル・・・
2017年5月22日
腫瘍 がん
キャベツなどアブラナ科の野菜は非喫煙者に限り肺がんを予防する?
キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜が がんの予防に良いという話はよく聞きます。 このたび、国立がん研究センターが 「キャベツなどアブラナ科野菜が肺がんを減らす」 と医学誌に発表したということが何かのニュース に出・・・
2017年5月20日
認知症
アルツハイマー病の予防法!脳神経の活性化と53%効果のマインド食
NHKガッテン(2017年5月17日)の放送について アルツハイマー病の原因はアミロイドβの排出の悪さ?睡眠が関係? という記事を書きましたが、同じ番組内で、 脳神経の活性化による予防法と、アルツハイマー病 の発症が53・・・
2017年5月19日
認知症
アルツハイマー病の原因はアミロイドβの排出の悪さ?睡眠が関係?
NHKガッテン(2017年5月17日)の放送で、今まで アルツハイマー病の原因は、アミロイドβだと 言われていましたが、最近の研究で、 どうやらアミロイドβは直接の原因ではなく、 アミロイドβの排出が悪く、アミロイドβが・・・
2017年5月16日
目・耳
耳掃除はしない方が良いと判明!その理由と耳掃除が原因の病気!
今日のミヤネ屋(日本テレビ2017年5月15日)で、 耳掃除はしない方が良いということが放送されて びっくりしました。 筆者(元気ナース)はもともと耳をいじるのが嫌いで、ほとんど耳掃除をしたことがありませんから、どちらか・・・

亜鉛欠乏症や肝硬変に朗報!日本初追加承認された[低亜鉛血症]治療薬

medicine_capsule.png薬

ウィルソン病治療薬(銅吸収阻害薬)である ノベルジン(一般名酢酸亜鉛水和物)の効能・効果 に、「低亜鉛血症」が追加承認されました。 これにより、亜鉛欠乏症による味覚障害や肝硬変 など亜鉛不足が原因と考えられる病気にノベル・・・

キャベツなどアブラナ科の野菜は非喫煙者に限り肺がんを予防する?

body_hai_bad.png不健康な肺

キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜が がんの予防に良いという話はよく聞きます。 このたび、国立がん研究センターが 「キャベツなどアブラナ科野菜が肺がんを減らす」 と医学誌に発表したということが何かのニュース に出・・・

アルツハイマー病の予防法!脳神経の活性化と53%効果のマインド食

roujin_haikai_woman-png%e5%be%98%e5%be%8a

NHKガッテン(2017年5月17日)の放送について アルツハイマー病の原因はアミロイドβの排出の悪さ?睡眠が関係? という記事を書きましたが、同じ番組内で、 脳神経の活性化による予防法と、アルツハイマー病 の発症が53・・・

アルツハイマー病の原因はアミロイドβの排出の悪さ?睡眠が関係?

suimin_woman.png睡眠

NHKガッテン(2017年5月17日)の放送で、今まで アルツハイマー病の原因は、アミロイドβだと 言われていましたが、最近の研究で、 どうやらアミロイドβは直接の原因ではなく、 アミロイドβの排出が悪く、アミロイドβが・・・

耳掃除はしない方が良いと判明!その理由と耳掃除が原因の病気!

今日のミヤネ屋(日本テレビ2017年5月15日)で、 耳掃除はしない方が良いということが放送されて びっくりしました。 筆者(元気ナース)はもともと耳をいじるのが嫌いで、ほとんど耳掃除をしたことがありませんから、どちらか・・・

納豆の効果を高める食べ方とトッピング4つの作用!ダメな食べ方は?

日本の代表的な健康に良い食品である納豆について 健康効果を高める食べ方と、効果を高める トッピングの作用について、2017年5月14日(日) の健康カプセルゲンキの時間で放送されました。 納豆が大好きな筆者は、さらに健康・・・

寄生虫のアニサキス食中毒は見る噛む加熱冷凍で予防!症状や治療法は?

animal_senchu線虫

寄生虫のアニサキスによる食中毒がここ10年で20倍 にもなったということが2017/5/8(月)の Yahoo!ニュース で報道されました。 食中毒の原因物質としてはノロウイルスと カンピロバクター菌に次いで3番目に多い・・・

桂歌丸が酸素の吸い過ぎでなぜ肺炎に?その理由がわかった!

body_hai_bad.png不健康な肺

今朝のヤフーニュース(2017年5月8日)で 「桂歌丸 肺炎の原因は酸素の過剰吸入だ った…5月の公演全て休演」という記事の 題名をみたとき、 酸素の過剰吸入でどうして肺炎になるの だろう?と思い、記事を読んでみました。・・・

セロリでガン予防!免疫力と抗酸化作用を引き出すきんぴらレシピ!

vegetable_celeryセロリ

いよいよ緑の5月。わが家の裏庭に、去年の セロリの種がこぼれたのでしょうか。 美味しそうなセロリが、茎も太く、葉の緑も 鮮やかにたくさんできていました。 どうやって食べようかなと思っていた矢先、セロリ にガンの予防効果が・・・

男性の残尿感の原因は前立腺肥大症かも!トイレで10秒待つ治し方

toilet_danshi_kabekake男性トイレ

男性の残尿感の原因が前立腺肥大症の場合、 簡単に解消できる方法があるそうです。 東京慈恵会医科大学泌尿器科主任教授の 頴川晋(えがわ しん)医師提唱の治し方 をご紹介します。

焼きりんごのダイエットと生活習慣病改善効果!簡単な作り方は?

fruit_ringoりんご

りんごは元々、ビタミンCやポリフェノール、食物 繊維が多く含まれているので、健康に好いこと はみなさんがご存知だと思います。 私はりんごの産地で生まれ育ったせいもあ って、今でも毎朝りんごを食べています。 が、焼きりんご・・・

うま味の減塩ダイエット効果!血圧を下げてスリムになる理由と方法

text_genen.png減塩

うま味を強くすると減塩効果が上がり血圧を下げ ることが知られていますが、ダイエット効果も あるのだそうです。 塩分のとり過ぎは、血圧が上がって心血管疾患や 脳血管疾患が発症しやすくなるだけでなく、 腎機能の低下、骨粗しょ・・・

カマンベールチーズをつまみにビールで認知症予防!摂取量は?

beer_glassビールグラス

東京大学とキリン(株)などが、アルツハイマー病 の予防に、カマンベールチーズとビールの苦味成分 が有効であるとの研究結果を発表しました。 それならカマンベールチーズをおつまみにして ビールを飲めば良いと思いついたのですが・・・

酢もやしの栄養と酵素の効果!作り方やダイエット法の食べ方は?

food_moyashi.pngもやし

酢もやしの栄養と酵素が身体にも良く、ダイエット にも良いと話題になっています。 もやしと酢でダイエットができたら、安くて助かり ますよね。 どうしてもやしは身体に良いのか、酢もやしにする と何が変わるのか。 酢もやしの作・・・

心臓を強くする方法があった!心臓病の人も鍛えられる心臓リハビリ

roujin_sinzouhossa.png心筋梗塞

4月19日のNHKガッテンでは、心臓に負荷を与える ことで、心臓が強くなって、長い間の低酸素状態に 耐えることができるようになることが分かった というのです。 そうなれば、たとえ心筋梗塞になって低酸素状態 に陥っても、助・・・

蜂蜜が赤ちゃんにはダメで大人には良い理由!乳児性ボツリヌス症とは

cooking_honey_hachimitsuはちみつ

今年(2017年)2月下旬に、生後5カ月の男の 赤ちゃんがはちみつによる乳児性ボツリヌス症 で、亡くなったというニュースがありました。 最近は妊産婦の教育で、1歳未満の乳児には はちみつを与えてはいけないことが徹底され ・・・

夜桜の冷えとビールが危ない!血圧の上昇防ぐ首温める効果の仕組み

fashion_mufflerマフラー

今年は少し開花が遅れた桜もあちこちで満開に なり、夜桜を楽しむ人々も多いことでしょう。 でも、今年は例年より夜が寒い日が続いています。 実は冷える夜桜見物は高血圧の人にとって、命に かかわる危険があることをご存知でしょう・・・

脂肪肝の治し方!食前の高カカオチョコレートが効果的!その理由は

valentinesday_itachoco2.png板チョコ

最近高カカオチョコレートの健康効果が色々と発見 されてきて、チョコレート好きの私にはうれし い事です。 今日のzakzak夕刊フジ(2017年4月5日)でも 「血液サラサラ」という言葉の提唱者である 肝臓の専門医・栗原毅・・・

盲腸の手術後免疫力が下がると判明!虫垂炎を手術しない方法は?

sick_mouchou_chusuien盲腸(虫垂炎)

結婚して数年後、夫が虫垂炎(盲腸)になりました。 当時盲腸は人間にとっては不要のものと思われ ていましたから、医師も私達も、迷うことなく 手術して切除したのです。 その後、同じ物を食べて、同じような環境にいる のに、私は・・・

瞑想効果が脳科学の研究で明らかに!ストレスを解消する3つの理由

family_iden遺伝

瞑想(めいそう)には、集中力を高める、 心を落ち着かせ不安をやわらげる、ストレスを解消する、 脳の海馬や灰白質の密度を増やす、免疫力を高める、観察力や 創造性を高めるなど、多くの 効果があることが、最近の脳科学の研究で分・・・

このページの先頭へ