急性アルコール中毒の症状は?死亡させない応急処置法を知ろう

クリスマスから年末・年始にかけて、お酒を飲むshinpai_shinzou%e5%bf%83%e8%87%93%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8
機会が増えるため、毎年急性アルコール中毒で
死亡する人が絶えません。

とくにまだお酒に慣れない20~30歳代の若者が
急性アルコール中毒になる事が多いと言います。

大切な人を、死亡させないために、急性アルコール
中毒の応急処置法を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

◆急性アルコール中毒になる原因

短い時間で大量にお酒を飲むと、血中のアルコール濃度が一気
に上昇して、アルコールが脳に達し、アルコールが持つ毒性に
よって中毒症状が起きるのです。

人によって中毒になる量も症状も違いますが、ビール1缶でも
中毒になる人がいるそうです。

アルコールには脳を麻痺(まひ)させる毒性があるので、脳の中枢
部分が麻痺すると、心臓や呼吸を停止させてしまい、死亡すること
があるのです。

◆アルコールによって脳が麻痺する経過

アルコールによって、脳が麻痺(まひ)していく過程は、
ほろ酔い→酩酊(めいてい)→泥酔(でいすい)→昏睡(こんすい)
→死 と進みます。

お酒の一気飲みをすると、酔い(脳の麻痺)も一気に進み、泥酔
を通り越して昏睡へ進んでしまうこともあります。

❖ほろ酔いとは

脳の一番外側、大脳新皮質(だいのうしんひしつ)が麻痺する。

ほろ酔いの症状は、

おしゃべりになり、陽気になる。判断力が鈍る。
脈が早くなる。

❖酩酊(めいてい)とは

大脳新皮質の内側の大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)が麻痺する。

酩酊の症状は

記憶がとぎれ、何度も同じことを言ったりする。
頭痛や吐き気がする。

足がふらつき、バランス感覚が麻痺する。
ケンカなどのトラブルを起こす。

❖泥酔(でいすい)とは

大脳全体に麻痺が進み、脳幹(のうかん)と脊髄(せきずい)に
も麻痺が進み始める。

泥酔の症状は

ろれつが回らなくなる。

歩けない、立てないなどの運動失調がおこる。

意識がもうろうとしてくる。

激しく吐き、吐物で窒息(ちっそく)したりする。

❖昏睡(こんすい)とは

脳幹と脊髄がほとんど麻痺してしまう。

昏睡の症状は

いびきをかいて刺激に反応しない。
体が冷たくなり、口から泡を吐いている。

呼びかけにも反応がなく昏睡状態に陥ってしまう。

吐物が喉につまり、窒息(ちっそく)したりする。

心臓や呼吸が停止する。

スポンサードリンク

◆急性アルコール中毒の症状

急性アルコール中毒の症状とは

泥酔状態で、一過性に意識障害が生じ、おう吐、歩行困難、
血圧低下、寒気や低体温、呼吸数低下、動悸などが出る症状です。

さらに進むと昏睡状態に陥ります。

◆急性アルコール中毒の応急処置法は

上記のような急性アルコール中毒の症状がみられたら
次の順序で応急処置をしましょう。

❖意識がない場合

1.軽く肩をたたいて、耳元で名前を呼んだり、「大丈夫ですか」
と語りかけ、意識を確認する。

2.意識がない、大きないびきをかいている、口から泡をふいて
倒れている場合は、周りのだれかにすぐ救急車を呼んでもらいます。

3.救急車を待つ間、呼吸と脈を確認し、それらが止まってしまったら、
仰向けに寝かせて心臓マッサージを開始します。
最近は人工呼吸はしなくても、心臓マッサージだけで良いとされています。

近くにAED(自動体外式除細動器)があれば、持ってきてもらい装着します。

4.衣服をゆるめ、低体温症を防ぐために、上着や毛布などで身体を温めます。

心臓マッサージ法の詳細はこちら>>消防庁の心肺蘇生法 

呼吸が回復するか、救急車が到着するまで心臓マッサージを続けます。

❖意識がある場合

1.衣服をゆるめて楽にします。

2.おう吐物で窒息しないように、横向きに寝かせます。

3.アルコールによる脱水を防ぐために、少しずつ水かお茶を飲ませます。

4.吐きそうになったら、横向きのまま吐かせます。無理に吐かせると
窒息したりするので、無理に吐かせないこと。

口の中のおう吐物はかき出します。

5.意識があっても、変だと思ったらすぐ救急車を呼びましょう。

◆まとめ

急性アルコール中毒は、重症になると高次脳機能障害などの後遺症
が残ったり、死亡したりしますので、周囲の人がすみやかに応急
処置をすることが大事です。

急性アルコール中毒は一気飲みなどをする若者に多いので、心配です。

若者の人口が減り続けている現在、一人でも多くの命を救うために
急性アルコール中毒の応急処置を知っておきたいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ