光免疫療法の日本の治験はいつ?アメリカの治験結果はどうなった?

TBSモーニングショーの玉川徹さんがアメリカへbaikin_genki.pngばい菌
赴いて取材した「がんの光免疫療法」が今年
(2017年)の1月1日に紹介されました。

「光免疫療法」は米国・NIH
(アメリカ国立衛生研究所)の日本人・小林久隆
主任研究員が手がけている研究です。
前回、玉川さんが取材した時は、動物実験では
大きな効果が確認されていましたが、臨床試験
は始まったばかりで、まだ臨床試験結果は公表
されていませんでした。

今回、玉川さんがNIHの小林久隆主任研究員の
帰国に合わせて、光免疫療法の治験の進行状況
を取材した結果がそもそも総研(2017年6月29日)
で放送されました。

その中で、光免疫療法の日本の治験はいつから
始まるのか、またアメリカの治験結果はどう
なったのかについて紹介されましたので、

調べたことも加えてお知らせしようと思います。

スポンサーリンク

◆光免疫療法の日本での治験はいつから?

アメリカで治験が進んでいる光免疫療法が、日本に入ってくるのは
いつ頃になるのか気になりますね。

前回は日本で実用化されるのは5年後(アメリカでは2~3年後)と
紹介されましたが、治験のことは放送されませんでした。

小林主任研究員によれば、実は「日本でも臨床実験が始まろうと
している」のだそうです。

❖「楽天」が日本の光免疫療法を推進

意外なことに、IT企業で知らない人はいないほど有名な「楽天」
三木谷浩史社長が日本国内の光免疫療法を熱心に推進している
のだそうです。

楽天は、近赤外線によるがん治療法「光免疫療法」のライセンス
を持ち、光免疫療法の実用化を目指すアメリカのベンチャー企業
「アスピリアン・セラピューテクス Aspyrian Therapeutics,Inc.」
の筆頭株主であり、三木谷浩史社長はこの企業の取締役会長に
就任しています(2017年2月13日発表)。

その後3月には日本支社を設立したそうです。

三木谷氏は国内企業と合弁でビジネスを展開することも視野に
「事業、データ、ブランドを通じたシナジー効果を生み出していき
たい」と話しているとのこと。

スポンサードリンク

❖日本の治験が始まる時期

その日本支社に小林主任研究員が「無給アドバイザー」として参加
しているので、「少なくとも来年、上手くいけば今年の終わりあたり
から臨床実験が始まると思う」と語っておられました。
さすが三木谷氏、目の付け所が違いますね。
日本の「光免疫療法」が三木谷氏によって推進されるとあれば、
かなりスピーディにことが進むのではないかと期待されます。

◆光免疫療法のアメリカでの結果

❖ヒト(人間)に関する臨床実験の結果

小林主任研究員によると、この半年間で臨床実験は順調に進んでいる
とのこと。

現在、ヒトに関しては「頭頸部(とうけいぶ)がん」のみに臨床実験
が行われています。頭頚部がんとは、頭と首のがんのことです。

トマスジェファーソン大学の発表例によると、末期頭頚部がんの患者
7名が臨床実験を受けた結果、

4名は、一ヶ月後には腫瘍がなくなり三ヶ月後には皮膚も回復し、
再発もせずに一年以上生存しています。

1名は現在治療中で生存。

1名は、光免疫療法による治療が効きすぎ、がんが消失したことで
血管を守る細胞が無くなったために頸動脈が外に浮き出てしまい、
血管が破れて出血死してしまいました。

最後の1名は、骨髄の中までがんが進行していたために治療が出来
なかったと言います。

※骨髄の中の治療がまだできないのは1つの問題ですね。

しかし、末期の頭頚部がん患者7名のうち5名が生存していて
もう一人は光免疫療法が効き過ぎた結果、出血死したとは、
すごい結果だと思います。

スポンサードリンク

 

❖光免疫療法に使用する抗体について

光免疫療法とは、あるがん細胞にだけくっ付いて目印になる抗体と
IR700という色素とを結合させた液体(青色)を静脈注射で体内
にめぐらせると、結合物はそのがん細胞だけにくっつきます。

そこへ近赤外線を当てると、抗体とIR700の結合物がくっついた
がん細胞だけの表面が傷つき、周囲の水分を吸収してふくらみ続け、
約1分で体積が2倍になり破裂してがん細胞だけが死にます。

破裂したがん細胞の破片を免疫細胞が食べることにより、がんを
異物と認識して他の生きているがん細胞をも食べ続けるようになる
というのが、光免疫療法の概略です。

目印となる抗体は現在ヒトの治験に使用しているのは1種類だけです
が、治療に用いることの出来る抗体は20種類程見つかりました。

このうち10種類の抗体が利用できれば8~9割のがんに適用できると
いうのです。

 

❖光免疫療法の動物実験について

マウスの実験で光免疫療法が成功したのは、B型リンパ腫と
前立腺がんです。

肺がんと悪性黒色腫は、対応できる抗体がみつかりました。

「大腸がん」「すい臓がん」「悪性黒色腫」「乳がん」などは
大きな動物での臨床実験の準備が進んでいるそうです。

すべてのがんの臨床試験が終わるまでにはかなり時間がかかり
そうですが、途中で少しずつ薬として実用化になるとのこと。

楽天さんに頑張って欲しいですね。

◆まとめ

光免疫療法の日本の治験はいつごろになるか、アメリカの治験結果
はどうなったかについて調べました。

その結果、すべてのがんの治験が終わるにはかなりの時間がかかる
ように感じました。

アメリカのベンチャー企業
「アスピリアン・セラピューテクス Aspyrian Therapeutics,Inc.」
や楽天だけでなく、

他にも多くの企業や、国家も協力して、一日も早く、光免疫療法の
治験を完成させて欲しいものです。

関連記事>>光免疫療法の治験進む!5年後に9割のがんが完治する時代が来る

スポンサーリンク

18 Responses to “光免疫療法の日本の治験はいつ?アメリカの治験結果はどうなった?”

  1. 楠本真紀 より:

    こんにちは、私の主人が今直腸がんの局所再発でステージ4だと言われました。今まで化学療法、放射線治療と何度か行いまが効果は現れませんでした。先生からは化学療法しかもう打つ手はないとのことでした。しかし今までのことを考えると化学療法をする気になりません。先生からは治療しない場合1年もたないように言われました。骨への転移はまだありません。どうか助けて下さい。光免疫療法の治験を受けてみたいです。どうかお願いします。

    • 元気ナース より:

      楠本様 コメントありがとうございます。
      ご主人様大変ですね。化学療法、放射線治療の効果がないのであれば、これ以上やっても体力の消耗にしかならないでしょう。
      日本の光免疫療法の治験は楽天の三木谷氏がすすめていて、今年の年末か来年(2018年)初めには開始するようです。
      あと半年ぐらいですので、間に合うかも知れません。私も気を付けていて分かったらお知らせしようと思います。
      あなたも楽天に問い合わせるなどしてみて下さい。多くの人からの希望があれば治験が早まるかも知れませんから。
      それまでの間ですが、何の保証もないのですが、私の第六感では、済陽高穂先生の「今あるガンが消えていく食事」に書かれて
      いる食事療法が良いような気がします。私にガンはないのですが、花粉症から蓄のう症になり、1年たっても西洋医学では
      改善せず、漢方と済陽高穂先生の食事療法で、かなり改善してきていますので、決して害になることはないと思われます。
      他に方法がないのであれば、食事療法が良いでしょう。済陽高穂先生は他にもレシピ本など多数書いておられます。
      食事療法は奥様が大変ですが、頑張ってみて下さい。元気ナースより

  2. 石川正一 より:

    拝啓
     私は、胃がんのステージ4と告知されて一年が過ぎました。今は、二種類目の抗がん剤治療を始めました。日ごろは元気に過ごしています。先日もゴルフを楽しんできました。
     以前から「光免疫治療法」を受けたいと思っていました。その治験が日本でも始まる可能性が出てきたことにとても力強い希望を持てました。
     今年の5月のCT検査では転移は無いとのことでした。
     もし、日本でもアメリカでも、治験を受けられるのであれば受けたいと考えています。
     募集をされるのであれば、応募したいと考えています。
     よろしくお願いいたします。
         敬具  石川正一

    • 元気ナース より:

      石川様 コメントありがとうございます。
      日本の治験は楽天の三木谷氏が勧めています。
      募集の日時や場所など、わかりましたらブログに発表するつもりですが、
      石川様も楽天に御連絡して、一日も早く治験を実施するようにお願いしてみて下さいませんか。

      患者さんたちが大勢希望すれば早くなると思われますので。

      • 石川正一 より:

        拝啓
         早速のご返答ありがとうございます。
         お言葉に従い「楽天」へ連絡してみたいと思います。方法は、これからホームページなどで探してみます。
              敬具  石川正一

  3. まきこ より:

    初めまして。
    私の父も先日進行胃癌だと告知されました。
    リンパ節にもおそらく転移しており、手術はやらない方がいいと。抗がん剤治療を行うと言われました。
    私は一人っ子、成人式前に大腸癌で母を亡くしており未婚です。
    母を亡くしてから父と2人、母の死を乗り越えて時々喧嘩しながらも、母の分まで父を大切にしてきました。
    告知以降、癌の怖さを知ってるだけに世界の色がなくなったような、世の中の皆とは違う私だけ別世界にいるような感覚の毎日です。眠れず食べれず、精神安定剤を服用しながら入院費の支払いのためにパートには休まずに行っています。
    何もない普通の毎日がどれだけ幸せだったのか思い知りました。
    私の家族はもう父しかいません。
    どうか一日も早い光免疫療法の実施を。治験でも構いません。情報をお願いします。何としても助けたいのです。
    ちなみに海外でもよいのでその治験を受けるとしたら莫大な費用はかかるのでしょうか?
    海外治験の情報を調べてみても見つけられません。もし情報をお持ちであれば教えて頂けないでしょうか?
    楽天の三木谷さんに私も連絡をとってみることを試みたいと思います。

    • 元気ナース より:

      まきこ様 コメントありがとうございます。

      お母様をガンで亡くされて、今度はお父様までガンとは。
      どんなにお辛いことか、お察し申し上げます。

      現在日本では、2人のうち1人が、ガンになり、3人に1人がガンで死亡すると言われています。

      あなたと同じような人は大勢おられると思われます。
      おひとりで悩まずに、ご相談なさってみてはいかがでしょうか。

      国立がん研究所で相談を受付けています。
      がん患者さんとご家族のこころのサポートチームhttp://support.jpos-society.org/link/

      がんの治療法についても詳しいと思われ、情報も速いと思います。

      私も情報は集めているのですが、まだ楽天の日本会社のことは見つかりません。

      アメリカの光免疫療法のライセンスを取得した会社「アスピリアン・セラピューテクス 
      Aspyrian Therapeutics,Inc.」では現在 再発頭頸部癌患者の治験者を募集しています。

      他の治験は募集していないようです。

      再発頭頸部癌患者におけるRM-1929および光免疫療法の研究http://www.aspyriantherapeutics.com/clinical-trial/

      また情報が見つかり次第、お知らせします。

  4. naga より:

    私の50代の兄が膀胱がんを患っております。
    膀胱がんにも、効果的でしょうか?
    藁にもすがる思いです、臨床試験に参加するにはどうしたら良いですか?

    • 元気ナース より:

      naga様 コメントありがとうございます。
      脊髄のがんにはまだ使えないが他の8~9割のがんには
      効果があるとありますし、膀胱がんはそれほど複雑では
      ありませんから、効果的だと思いますよ。
      臨床試験の募集はまだだと思いますが、
      楽天の電話番号050-5838-4333にお電話をしてみたら
      何かわかるかも知れません。
      もう数か月後に私も電話してみるつもりです。

  5. いはら より:

    30代の主人が5月に食道がんと
    診断されました。

    子供も小さいので
    なんとしても
    治療したいのに。

    食道がんの抗がん剤二種類しかなくて、
    効いてくれたら良いのに

    効いてない。

    この光免疫療法の治験
    早くて年末ですが
    食道がんはどうなんでしょ?

    希望すれば誰もが治療してくれるようにしてほしい。

    時間だけが
    無惨に過ぎていきます。

    希望は1日でも早く
    助けてください。

    • 元気ナース より:

      いはら様 コメントありがとうございます。
      30歳代でガンとは大変ですね。
      でも、ガンの治療法は日々進歩しています。
      光免疫療法の治験はIT企業の楽天が手掛けているのですが、
      問い合わせましたが、まだ何も決まっていないとのことです。

      ご主人の食道がんの状態が分からないので何とも言えませんが、
      現在は抗がん剤治療で薬が効かないとのこと。
      他の治療法はどうなのでしょう。
      手術や、放射線治療など、
      作詞家で小説家の「なかにし礼」さんは、陽子線治療法
      で食道がん一回目が完治しました。
      2年半後に再発して、抗がん剤治療と陽子線治療で再発も克服
      して今はお元気様です。

      陽子線治療については私の昔のブログに書かれていますので
      よろしかったら読んでみて下さい。

      なかにし礼 陽子線治療で がん克服
      http://emosan.seesaa.net/article/291950132.html
      なかにし礼 食道がん 治療最前線 
      http://emosan.seesaa.net/article/257509995.html

      なかにし礼さんを治療した病院は、色々うわさがありましたが、
      千葉県柏市にある国立がん研究センター 東病院というがん専門の
      医療機関のようです。相談してみるのも良いですね。

  6. みえこ より:

    肝内胆管癌でオペは、出来ないと言われています。済陽高穂先生の本も買いました.NK細胞療法もやりました。後は光免疫療法しかありません。治験が日本で出来る様になれば是非受けたく思っています。何か良い情報が有れば
    是非教えて下さいませお願いいたします。
    もうあまり時間がありません 宜しくお願いいたします。

    • 元気ナース より:

      みえこ様 コメントありがとうございます。日本では楽天主導で光免疫療法の治験が

      実施されることになっているのですが、楽天に連絡しても「まだ何も決まっていない」
      という返事でした。楽天も赤字のようで、計画が遅れるのではないかと心配です。
      何か分かりましたら、ブログで発表しますが、みえこ様も楽天に聞いてみて下さい。
      多くの人の連絡が力になるかもしれません。

  7. はしもと より:

    昨年6月末膵がんであryことが判明しましたが、ステージ4bで門脈に浸潤が及んでいたため、外科手術が不可能でした。さいわい転移が無かったため、IMRTによる放射線治療を受け、その後一年あまりゲムシタビンによる抗がん剤治療を受けました。IMRTとゲムシタビンの効果か腫瘍は一廻り小さく(7センチから4.5センチ、厚さも半分程度)なり、転移も起こりませんでした。
    しかし8月末のCT検査で腹膜播種が疑われ、先日からゲムシタビンとアブラギサンによる治療が始まりました。このままでは年単位で考えることはできないとの主治医の言葉。
    この過程で、テレビで近赤外光線免疫療法を知りました。転移の場合にもこの治療法は使えるということなので、ぜひ受けてみたいと思っています。一日も早く治験が始まりよう心から願っています。

  8. めぐみ より:

    私の主人57歳が大腸癌ステージ4です。リンパ、肝臓に転移していて
    昨年6月に外科手術、抗がん剤治療後、再発で今、また、抗がん剤治療中です。
    元気に見えますが、いつ急変するのか、毎日死を考え辛い日々を過ごしてます。
    色々、試してはいますが、、
    その時、友人から光治療の事を聞き、藁をもすがる思いで早期の実現を切に願うばかりです。
    臨床試験にも参加させて頂けたらと思います。
    どうか、主人を助けてください。

    • 元気ナース より:

      めぐみ様 コメントありがとうございます。光免疫療法の治験を楽天に問い合わせているのですが、
      まだ何も決まっていないようです。もう少ししたらめぐみ様からも楽天に連絡してみて下さいね。
      ケトン食療法はお試しになられましたか?調査して記事にしてみましたので参考にして下さい。
      肝臓に転移しておられるのが気がかりですが、原発でなければ可能と思われますので、古川健司
      先生にご相談してみて下さい。

      お役に立つことをお祈りいたします。

      ケトン食ががんを消すのは本当?仕組や治療の注意点などを調査した
      http://genkinurse.com/archives/2501.html

  9. 知恵出ます より:

    古川先生は本格的に食事療法に取り組んでおられます。入院治療もなさっているそうです。一度ご相談をされてはいかがでしょうか?

    世界初!「ケトン食」臨床実験で末期がん患者の83%が改善
    古川 健司(ふるかわけんじ)多摩南部地域病院外科に勤務。NST(栄養サポートチーム)に従事し、本格的にがんの栄養療法を開始。がん免疫栄養療法の臨床実績を上げて、14年、それまでの栄養療法のケトジェニック化に成功。15年1月より、ステージ4のがん患者を対象に、世界初の臨床研究を開始。現在、がん免疫栄養ケトン食療法の普及に努めている。

コメントを残す

このページの先頭へ