脳出血の後遺症左半身麻痺から奇跡の回復!最新のリハビリ法とは

脳外科の看護師をしていたとき、脳卒中(脳出血や脳梗塞)でsick_ninchisyou_noukekkan.png脳梗塞
入院した患者さんの多くが、半身麻痺などの後遺症が治らず、

仕方なく残された機能を使って不便な生活を余儀なくされる
ままで退院していくことを、とても悲しく思っていました。

しかも、実の母までが脳梗塞に倒れ、その後の5年間を片麻痺
で、「早く死にたい」と辛い思いをしながら97歳の人生を
終えたのです。

なんとかこの後遺症を治すことはできないものかと思って
いたやさき、

たけしの家庭の医学(8月16日)、名医も認める「奇跡の回復法」
で脳出血の患者さんが、左半身麻痺から奇跡的に回復して全く
後遺症が認められないほどになったのです。

こんなリハビリがあったのかとびっくりし、多くの人々に
お知らせしなくてはと思い記事を書くことにしました。

スポンサーリンク

◆脳内出血患者堀尾憲市さんの経緯

❖発病から入院

3年前から堀尾さんは小さな建設会社を興し自営していました。
自ら積極的に働いていましたので、無理が重なった
のかも知れません。

ある日、夜中にトイレに起きようとしても身体が動かなくなりました。
「おーい」という呼び声に気づいた息子さんがすぐに救急車を呼び、
近所の病院に搬送され入院となりました。

2日後に病院で目を覚ました堀尾さんは、左半身付随に
陥っていました。
どんなに動かされても左の手足に感覚がなく、つねっても
痛くないのです。

堀尾さんは、右の脳の内出血のため、神経が交差している
左半身麻痺(不随)になったのです。

そんな堀尾さんに、医師は「歩いたりする普通の生活は
あきらめて下さい」と残酷なことを告げました。

それを聞いた堀尾さんは、「寝たきりで家族に迷惑をかけ、
初孫を抱くこともできないなら、死んだ方がましだ」と
絶望的になったそうです。

❖新しいリハビリに気づいたきっかけ

絶望的になっていた堀尾さんを、古くからの友人がお見舞いに
来ました。

そして堀尾さんの病状を知った友人は、
「手や足が壊れたわけじゃなくて脳がちょっと故障したようになって
いるわけだろう?」と言ったのです。

それを聞いた堀尾さんは、「そうだ、自分の手足には関係ない。
脳を治せば、手足が動くにちがいない」と思いついたのです。

※すばらしい発想ですね。普通のリハビリは動かない手足を
動かして、少しでも脳に刺激を与えようとするのです。
しかし、その神経はもう働かなくなっているのであまり効果的
ではありません。

スポンサードリンク

❖脳のリハビリを実行

しかし脳を治せば良いと思ってもどうやって治すのでしょう。
そこがまたまたすごいのです。

堀尾さんの頭に最初に浮かんだのが、赤ちゃんの動きです。

赤ちゃんは何度も失敗をくり返すことで、立って歩くことを
脳が学習するのだと考えたのです。

そこで堀尾さんは、左手の親指が動くことをイメージして
親指に意識を集中し「動け、動け」と念じ続けたのです。

病院の普通のリハビリや食事等をする以外は、暇さえあれば
脳のリハビリを朝から晩まで、何千回も何万回も行ったそうです。

❖奇跡の回復

そんな脳のリハビリを開始してから4日目のこと、左手の下に入
れていた右手に、かすかに左手の親指の動きが感じられたのです。

この時の喜びは人生で最高だったと堀尾さんは語っていました。

その後は、左手の人差し指、中指、薬指、小指、腕、
足の指、から歩くまで、トントン拍子に動くようになり、
とうとう2ヶ月で完全に歩けるようにまでなったのです。

まさに奇跡の回復ですね。

驚いたことに2ヶ月で退院した堀尾さんは、すぐに仕事に復帰して
脚立に登った写真まで見せてくれました。

でもどうして堀尾さんの左半身麻痺は治ったのでしょう。

実はご本人も病院も気づいていなかったのですが、
堀尾さんが考えた脳のリハビリは

最新の脳科学に基づく脳卒中ニューロリハビリテーション
という最新のリハビリの方法だったのです。

◆脳卒中ニューロリハビリテーションとは

ニューロとは神経のことで、神経リハビリとも言われる方法です。

脳の神経に働きかけて、新しい神経回路を作り出すことで
脳卒中による片麻痺(半身不随)を治療する最新の
リハビリテーションなのです。

新しい神経回路がどうやってできるのか私にはまだわからない
のですが、66歳の堀尾さんでも新しい神経回路ができるとは
驚きでもあり、うれしいことです。

この方法は脳出血だけでなく、脳梗塞などの他の神経障害にも
応用できるといいます。

これからは脳卒中による片麻痺が治る時代になるのです。

◆まとめ

がんになることよりも心配であった、脳卒中による半身不随は、
治らないものと思っていました。

しかし、脳卒中ニューロリハビリテーションによって回復
できることがわかり、本当にうれしくなりました。

奇跡の回復をされた堀尾さんは、念願の初孫を抱くことが
でき、3年後の現在も、階段をスタスタ降りたり登ったり
お元気でお幸せに暮らしておられます。

一日も早くニューロリハビリテーションが一般に広まって
欲しいですが、もし私が脳卒中になることがあったら、
早速堀尾さんの方法で回復しようと思います。

その前に食事や運動に気をつけて動脈硬化を起こさないように
することも大切ですね。

スポンサーリンク

5 Responses to “脳出血の後遺症左半身麻痺から奇跡の回復!最新のリハビリ法とは”

  1. 畠山幸恵 より:

    2015
    くも膜下出血で左半身麻痺

    足には麻痺は無く
    上肢に麻痺が有り
    左手が動かずとても不便な思いをしています

    ミラーセラピーを毎日して
    脳をだましています。

    新回路を作るために
    動く妄想をしたりしています。

    • 元気ナース より:

      畠山様 こんばんは!コメントありがとうございます。

      頑張っておられるのですね。
      記事の 堀尾さんは、左手の親指が動くことをイメージして
      親指に意識を集中し「動け、動け」と念じ続けたそうです。

      病院の普通のリハビリや食事等をする以外は、暇さえあれば
      脳のリハビリを朝から晩まで、何千回も何万回も行ったそうです。

      脳のリハビリは何千回も何万回も行う必要があるようですね。
      でも一旦動き始めると次々に動くみたいですから、あきらめずに
      続けて下さいね。 元気ナースより。

      • 牧野総 より:

        三年前に脳梗塞を発症しました。去年の三月より社会復帰が」できて、今では毎日会社に通勤いたしておりますが、いかんせん左手の麻痺がどうにも回復せず毎日辛い思いをしております。何とか機能が回復してくれんないかと試行錯誤を繰り返す日々で少しも進展いたしません。何かよい策でありましたらお教えください。

  2. 小長井義雄 より:

    私も5年前に脳出血を患い左半身に麻痺が有ります。何とか杖無しで左足を引きずりながら仕事をしていますが左手が全く機能していません。
    何か継続出来良い回復方法が有ればお教えください。宜しくお願い致します。

    • 元気ナース より:

      小長井様 コメントありがとうございます。お返事遅れてごめんなさい。
      私も経験不足でなかなか良い方法が見つからないのですが、記事で
      紹介しているニューロリハビリテーションの本が一番良いと思います。
      リハビリによって新しい神経を作るのです。時間はかかるのですが。
      試してみて下さいね。

コメントを残す

このページの先頭へ