エコノミークラス症候群の予防!してはいけないこと!するべきこと

熊本地震被災者の皆様にお見舞い申しあげます。エコノミークラスsick_economy_syoukougun
車中泊や避難所でエコノミークラス症候群にかかり、亡くなる人も出ているようです。

エコノミークラス症候群にならないために、してはいけないこととするべきことをまとめました。

せっかく助かったのに、エコノミークラス症候群で亡くなることなどないように、お役に立てれば
うれしいです。

スポンサーリンク

エコノミークラス症候群は、長時間座ったままでいることで、
下半身の血流が悪くなり、血液が固まってちいさな塊になり
(深部静脈血栓症)、
その塊(血栓)が肺に流れて血管をふさぎ、呼吸困難に陥り
(肺血栓塞栓症)、命にかかわる恐ろしい病気です。

予防法はとにかく下半身の血流を良くすることです。

◆エコノミークラス症候群にならないために、
してはいけないこと8つ

❖カフェインを含む飲み物はダメ

コーヒー、紅茶などカフェインを含む飲料は、平時は健康に良い
飲料ですが、
利尿作用が強く、水分がすぐに排尿されてしまい、血液の水分
が減って血流が悪くなります。

そのため、水分をあまりとれない時や、運動ができないときは
厳禁です。

❖アルコール飲料はダメ

アルコールに利尿作用があることを知らない人が多いようで、
暑い夏にビールをたくさん飲んで脱水になる人が多いのです。

カフェイン同様、アルコールを飲むとすぐ尿になって出てしまいます。
血液の水分が減りますのでアルコールも厳禁です。

❖タバコは厳禁

タバコは血管を収縮させて、血管を細くしますので血液が流れ
にくくなり、その結果、血液の塊ができやすくなります。

車中泊や飛行機の中では禁煙して下さい。

❖足は組まない

座る時や寝る間、足は組まないようにしましょう。
圧迫されて血液の流れがわるくなり、血栓ができやすくなります。

❖4時間以上座ったままでいない。

世界保険機構(WHO)によると、4時間以上座ったまま動かないでいると、血栓ができる危険性が2倍になるそうです。

❖4時間以上座ったままでいた後は急に立ち上がってはダメ。

長時間座ったままでいると、深部静脈血栓症と言って、
ふくらはぎの静脈内に血栓ができることがあります。

急に立ち上がると、急に血液が流れて血栓が肺に飛ぶ、
肺血栓塞栓症になる危険性があります。

ゆっくり血液が流れると、血栓が溶ける可能性があるのです。
急に立ち上がらないようにしましょう。

❖ベルトはキツく締めない。

ベルトをキツくすると血流が悪くなるからです。

❖睡眠薬は使わない。

睡眠薬を飲むと、睡眠中の寝返り回数が減り、血流が悪くなります。

スポンサードリンク

◆エコノミークラス症候群にならないためにするべきこと7つ

❖下半身を動かす

2~3時間ごとに歩いたり、つま先立ちをしたり、座ったままでも
足先やかかとを上げ下げしたり、ふくらはぎを足首から膝の方へマッサージする。

❖水分をとる

こまめに水分をとって血液を増やし、血液の流れを良くする。

❖弾性ストッキングなどをつかう

弾性ストッキングやハイソックスをはき、下半身に血液が
たまらないようにする。

静脈瘤にも有効です。

❖ゆったりとした服装にする

ベルトはゆるめ、ゆったりした服装にすると血流が良くなる。
(弾性ストッキングは別です)。

❖1時間ごとに深呼吸をする

1時間ごとに5回ぐらい、ゆっくりと深呼吸をすると副交感神経が
働いてリラックスし、血管が開いて、抹消まで血流がよくなり
血栓ができにくくなります。精神も安定します。

深呼吸の仕方はゆっくり息を吸って、吸った時間の2倍の長さで
息を吐くのが良いとされています。

❖眠るときは足を高くする

足を少し高くして、寝返りができる広さの場所に寝ると、
下半身に血液が集まらず、血栓ができにくい。

❖エコノミー症候群の症状を早期に発見する

  • 深部静脈血栓症の症状(初期症状)
    下腿が赤くなり、ふくらはぎや足のはれ、むくみ、痛み、しびれ
    などがあらわれる 。無症状のことも多い。
  • 肺血栓塞栓症
    血栓が飛んで肺塞栓を引き起こすと、呼吸困難、胸痛などの
    症状が出る。
    そのほか動悸、冷汗、チアノーゼ、静脈怒脹、血圧低下、
    意識消失なども生じる。

    急激にまた広範囲に肺塞栓を生じた場合は心肺停止となり、
    突然死する。

予防はもちろん大切ですが、エコノミークラス症候群の症状を
早期に発見して受診、治療することが必要です。

呼吸困難や胸が痛い場合は救急車で一刻も早く病院へ。

◆まとめ

❖エコノミークラス症候群にならないために
してはいけないこと8つ

  1. カフェインを含む飲み物はダメ
  2. アルコール飲料はダメ
  3. タバコは厳禁
  4. 足は組まない
  5. 4時間以上座ったままでいない。
  6. 急に立ち上がってはダメ
  7. ベルトはキツく締めない
  8. .睡眠薬は使わない

❖エコノミークラス症候群にならないために
するべきこと6つ

  1. 下半身を動かす
  2. こまめに水分を飲む
  3. 弾性ストッキングなどを使う
  4. ゆったりした服装
  5. 1時間ごとに深呼吸をする
  6. 足を高くして広い場所で寝る.
  7. 症状を早期に発見し、受診治療する。

以上14項目について説明しました。
お役に立つことを願います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ