胆石ができる原因のひとつは食事間隔が長いこと?その理由と予防法は



2018年12月27日のNHK番組「所さん大変ですよ」(19:30)で胆石
胆石(たんせき)が取り上げられました。

実は、2018年の秋、所ジョージさんは、胆石で死ぬほどの痛み
を経験して、胆のうを切除する手術を受け、無事仕事に復帰
できたところです。

最近、日本人の中高年者の10人に1人、つまり約1000万人が胆石
を持っていると言われ、新国民病と名付けられています。

ではどうして最近胆石を持つ人達が増えたのでしょう。

胆石ができる主な原因は、動物性脂肪を多く取りすぎると、胆のう
内のコレステロールが増えることにより、コレステロール同士が
くっついてかたまり、結石になるとされています。

つまり洋食(肉食)を食べる人が増えているのが原因で胆石を持つ
人も増えていると思われます。

しかし、最近、それほど動物性脂肪を食べない人にも胆石ができる
ことがわかってきました。


その原因は食事と食事の間隔が長いことにあるとのこと。
どうしてなのでしょうか。

その理由が「所さん大変ですよ」で紹介されたのです。

知りませんでしたねえ。
これ、とても大事なことなのでご紹介しておきます。

スポンサーリンク

◆胆石ができる原因について

この理由を理解するために必要な前知識として
胆のうについてをお読み下さい。

❖胆石ができる場所である胆のうについて

「胆のう」は肝臓の下面にあり、肝臓で作られる脂肪の消化液胆嚢 肝臓 膵臓 
である胆汁(たんじゅう)を蓄えて濃縮し、効率よく使えるように
する器官です。

脂肪を含む食品を食べると、その刺激で胆のうがギュッと収縮して
胆汁が十二指腸に放出され、脂肪の消化を助ける仕組みになって
います。

肝臓で作られる胆汁の成分は、97%は水で、そのほかに胆汁酸、
ビリルビン(胆汁色素)、コレステロール等で消化酵素はありません。

胆石はこの胆のうの中で生じ、大きく分けて3つの種類があります。

7割はコレステロールからできるコレステロール結石で、ほかに
血液が分解されてできるビリルビン結石、カルシウムやビリルビン
リン酸や炭酸が混じって固まった黒石結石があります。

❖動物性脂肪の取りすぎによってできる胆石

動物性脂肪を多く食べすぎると、胆のうのコレステロールが増えて
くっついてかたまり、結石になるのです。

この石が胆のう管に詰まると、炎症を起こして激痛のもとになります
が、多くの人は自覚症状がないとのこと。

石が小さければ、胆のう管に詰まらず通過しますし、大きくて
動かなければ、自覚症状はありません。

胆石を持っている人で症状が出る人はおよそ2割で8割は症状がない
とのこと。

食事の欧米化が進んで、動物性脂肪を食べる人が多くなったことが
胆石を持つ人が増えた原因と考えられています。

❖食事間隔が長いと胆石ができやすい理由

番組では、日本胆道学会の露口利夫医師が「食事間隔が長いと
胆石ができやすい理由」を説明してくれました。

上記に書いた様に、胆のうは、肝臓で作られる胆汁をためて
濃縮する器官です。そのため、常に水分を吸収して胆汁を
濃縮しているのです。

そのため、食事の間隔が空いて、長い時間胆汁が出ないでいると
水分だけが減って胆汁が濃くなり、胆汁に含まれている
コレステロールが固まりやすくなって胆石ができるのです。

露口利夫医師によると、12時間以上食事をとらない人は3割胆石
ができやすいというデータもあるとのこと。

厚生労働省の調査によるとこの30年で朝食を抜く人の割合は
20代の女性の場合1.5倍、30代女性では2倍に増えているそう
ですから、食事間隔が長いことにより胆石ができる人が増えて
いるのですね。

ダイエットのために夕食を抜く人も増えているそうです。

◆所ジョージさんの胆石の原因

では、
所ジョージさんの胆石の原因はどちらだったのでしょう。

番組で、所ジョージさんは「食生活はきちんとしています。
ステーキとか好きじゃない。畑もずっとやっているので
野菜中心」と話したのです。

どうやら、
所さんの胆石は食事間隔が長いのが原因のようですね。

❖所ジョージさんの生活様式

日本胆道学会の露口利夫医師が所さんの生活様式を
調査したところ

所さんは朝起きたらすぐに家事や畑仕事をして、朝食は抜き。
お昼ぐらいから仕事をして、仕事中は食事をとらないから
昼食も抜き。

夕方、帰宅して夕飯。その後真夜中に夫婦水入らずで夜食を
食べて深夜2時に就寝。
このような変則的な生活を40年近く続けているといいます。

朝食も昼食も抜きですから、
なんと真夜中の夜食(0時)から夕食の18時(午後6時)まで
18時間も空いているのです。

これは普通の生活様式とはかなり違いますね。

18時間も空いていたら、胆汁はかなり濃縮してコレステ
ロールが固まってしまうことでしょう。

やはり所ジョージさんの胆石の原因は食事間隔が18時間と
極端に長いことが原因でした。

動物性脂肪をあまり食べなくても、こんなに食事間隔が長くては
胆石ができてしまうのですね。

◆胆石があると困ること

胆石があっても、8割の人には自覚症状がないとされて
いますが、胆石があると困ることがあります。

もちろん、一番困るのは、胆石が胆のう管に詰まると
炎症を起こして、所ジョージさんのように死ぬほどの
激痛を起こすことです。

他に困るのはガンになりやすい可能性があることです。

❖胆石が原因でガンになる理由

番組では、30年近く胆石の手術を行っている黒崎哲也医師を
訪ねて、胆のうの中にある胆石の様子を見せてもらいました。

健康な胆のうの壁は非常に薄く数ミリですが、胆石は1か所
にとどまらず絶えず動くので、胆石があると常に炎症を
起こして胆のうの壁が厚くなります。

その胆のうの慢性的な炎症はがん化につながる可能性がある
のだと、黒崎哲也医師。

厚生労働省によると、
胆のうガンと胆管ガンの死亡者は近年急増していて
この30年でおよそ2倍になっているとのこと。

胆のうや胆管の壁が厚くなり、炎症を起こしていると
ガンが隠れていても見つけにくくなり見つかったときには
すでに進行して手遅れになっている場合が多いそうです。

健康診断では胆のうの検査はないですから、見つかりにくい
でしょうね。

◆胆石の予防法

「胆石の予防法は食間が空きすぎないよう1日3食とること。」
と黒崎哲也医師はおっしゃいました。

しかし、番組が街で聞いたところ、3食とっていても
夕食から朝食まで13時間空いていたので、揃って胆石に
なった夫婦がいました。

確かに、夕食を午後6時(18時)に食べて、次の日の朝食
を7時にとると13時間空いてしまいます。

なるべく夕食を遅くして、朝食を早くすればいいのですが、
午後8時以降に夕食をとると、肥満になるので午後8時
を過ぎてはいけません。

食事間隔を12時間以上空けないために
我が家では、

夕食を午後7時半から8時の間に、次の日の朝食は
なるべく午前7時から7時半、遅くても8時までに
食べることにしました。

夜型の我が家ではこれが精一杯でしたが、これを実行
しているうちに、以前より朝早く目覚めるようになり
必然的に、夜も早く眠くなり、健康的になりました。

◆まとめ

一般的に胆石の原因は、動物性脂肪の食べ過ぎによって
胆のうにたまる胆汁のコレステロールが増えて固まりやすく
なり胆石になるとされています。

しかし、動物性脂肪をあまり取らない人でも、
食事間隔を空け過ぎると、胆石ができてしまうことが
わかりました。

それは、胆のうは胆汁の水分を吸収して胆汁を濃縮する
器官なので、長い間胆汁を放出しないと、胆汁の水分
が無くなってコレステロールがくっつきやすくなり
胆石ができるのです。

胆石が胆のう管に詰まると炎症を起こして死ぬほどの
激痛が走るだけでなく、ガンになりやすくなり、
そのガンは見つかりにくく手遅れになる可能性が
あるのです。

きちんと1日3食とって、しかも食事間隔を
12時間以上空けないようにしましょう。

広告の下の方に関連記事があります。

スポンサーリンク

◆あなたにオススメ

コメントを残す

このページの先頭へ