悪玉コレステロールも中性脂肪も下げる必要なし!新常識はこれだ!

ここ10数年の間、コレステロールについての研究がsick_chuusya.png注射器
進み、「コレステロールは 高い方が長生き」

「コレステロール値が低いほうが死亡率が高い」と
米国医療ディレクター協会などが報告しています。
以前とは正反対の結果が続々と出て話題になって
いるようです。
筆者・元気ナースもコレステロールで苦労して
いますので

これらのコレステロール論争について調べて
みました。

スポンサーリンク

◆食事のコレステロール制限不要

米国に続いて日本の厚生労働省は2015年版から、食事摂取基準の
コレステロールの上限値を撤廃しました。

理由は、血中コレステロールは、ほとんどが肝臓で作られるので
食事から摂取するコレステロールと血液中のコレステロールとの
関連性が証明できなかったからです

※筆者・元気ナースは、大好きないくらなどの魚の卵や卵焼き
が食べられると思うとうれしいです。

それに、これは病院経営には響かないのでお医者さんたちも
反対しなかったようですね。

❖コレステロールの不思議

食事から摂取されるコレステロールは20%で、体内では80%も
合成されるからでしょうか、コレステロールを多く含む食品を食べ
ても、血中コレステロールはあまり上昇しないのです。

コレステロールは食事と関係なく体内でしっかり合成されていると
考えられています。

それだけ身体にとって大切な物なのではないでしょうか。

不思議なことに、コレステロールを食事から大量にとると、肝臓で
のコレステロールの合成は減少し、逆に食事からとる量が少ないと
肝臓での合成が増加するのです。

その場合は、20%と80%の割合は多少ずれるということですね。
身体の末端までコレステロールが行き渡るように調節されている
ようです。

スポンサードリンク

◆LDL値(悪玉コレステロール)が高いほど死亡率が低かった

日本の今までの常識は、LDLコレステロールは動脈硬化の原因
になるとされ、悪玉コレステロールと名付けられました。

反対にHDLコレステロールは、余分なコレステロールを回収して
肝臓に送るので、善玉コレステロールと名付けられました。

それは動脈硬化学会が提唱し基準値も決めたのでした。

※ちなみに、悪玉コレステロールとか善玉コレステロールという
概念は日本にしかないそうです。

❖動脈硬化学会の考え

動脈硬化学会の公式ホームページに

動脈硬化学会は公式HPの〈脂質異常症治療のQ&A〉で、
「(LDL値を)低下させることで動脈硬化性疾患が減少
する」としている。

HDLは「動脈硬化防御作用を有」し、血管に蓄積した
過剰なコレステロールを引き抜き肝臓へと送るはたらき
があるとする。

と書かれています。

そのため日本では、LDL値を下げることが重視され、健康診断の
基準値は 120mg/dl未満 に抑えられていて
「140mg/dl以上」は高LDLコレステロール血症と診断されて
しまいます。

❖日本脂質栄養学会の考え

ところが日本脂質栄養学会では

東海大学名誉教授の大櫛陽一・大櫛医学情報研究所長らの研究
グループが神奈川県伊勢原市在住の男女約2万6000人(40歳以上)
を平均8年間追跡調査したところ、

男女ともLDL値が高いほど死亡率が低いことが判明した
(2008年発表)。

というのです。全く正反対のことで驚きました。
そこで、日本脂質栄養学会では LDLコレステロールの基準値は
140mg/dL を 180mg/dL と修正すべきだと動脈硬化学会に提言
しています。

また外国の諸研究からも、
「コレステ ロールが高い方がむしろ長生きする、薬を使ってまで
コレステロールを下げる必要はない。むしろ低い方ががんや脳卒中
になり易い」と主張しています。

また中性脂肪についても、

”血中の中性脂肪の量は、食事と生体のエネルギー消費に合わせて
適切に調整されている。日本人では高脂血症とされている人の 方が
脳卒中のリスクが低く、脳卒中になっても軽症。”

なので、家族性高脂血症などを除き、中性脂肪を下げる必要はない
と提唱しています。

❖人間ドック学会のデータ

2014年に人間ドック学会が「血圧147は健康」と発表して話題に
なった150万人のデータに基づく新基準範囲でも、健康な人のLDL値
の上限は178mg/dlです。

なんと、日本脂質栄養学会が提言している新基準値 180mg/dL
とほとんど同じですね。

スポンサードリンク

◆コレステロールの役目

  • コレステロールはリン脂質とともに細胞膜の材料。
  • 1日に3千個以上生れるがん細胞を退治する免疫細胞の膜の材料。
  • コレステロールは様々なホルモンの材料となる。
    男性ホルモン、女性ホルモンもコレステロールから作られる。
    副腎皮質ホルモンの材料となるのもコレステロール。
    副腎皮質ホルモンは糖やたんぱく質、脂質の代謝にかかわり生命維持
    に不可欠なホルモン。
  • コレステロールは紫外線を浴びると体内でビタミンDの材料になる。
  • コレステロールは消化液の一種である胆汁酸の材料になる

つまり、かようにコレステロールは我々の身体に必要なを材料なのです。

コレステロールは足りないとガンや脳卒中になるということからも
無理に下げる必要はないと思えてきました。
参考文献:週刊ポスト2015年3月20日号
<コレステロールの変な常識 「悪玉善玉」の区別は最たるもの>など

◆まとめ

最近のコレステロールの常識について調べました。

世界の状況は、コレステロールは無理に下げる必要はない、低い
方が危険であるという方向に向かっているように思いました。

その証拠に

2013年にLDLコレステロールの国際的基準値が、190mg/dL に統一

2008年には中性脂肪の国際的基準値が 1000mg/dL に決定して
いたそうです。

日本脂質栄養学会の会員は400名ぐらいと少数なので異端者扱い
されているようですが、ずっと以前から日本の基準は世界に
比べてどうして厳しいのだろうと思っていました。

そうしたら、基準値をゆるめると病院の経営が成り立たないから
反対しているという記事があり、やはりそうかと思いました。

それでは病院が儲けるために、無駄な薬を処方しているという
ことになります。なんとかならないものでしょうか。
筆者・元気ナースもコレステロールの薬の副作用でひどい目に
あいました。

スタチン類の薬を処方されましたが、どんどん高額で強い薬に
代えさせられたのです。

副作用が恐ろしくなり、主治医を変えました。今度の先生は無理
にLDLコレステロールを下げなくても良いという考えで、
スタチン類ではなく、あまり副作用がない魚の油でサプリの様な
薬を処方してくれています。

それを飲んでいて少し下がった程度ですがスタチンはもういや。

現在の私のLDL値は最高の時で177mg/dL 中性脂肪は最高で
162mg/dLですから、充分に国際的基準値内に収まっています。

国際的基準値が採用されれば、薬は不要かもしれませんが、日本
では異常として保険指導されています。

魚の油は健康に良いようですので続けてもいいかなと思って
飲んでいます。

これでは国の健康保険が赤字になるのも当たり前だなと思いながら
心が少し痛いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ