ウコンでがん(癌)が完治!夫の胃がんと喉頭がん!その他の事例は?

わが家の畑で、無農薬栽培し、自宅で太陽光に当てず製粉した秋ウコンvegetable_ukon_turmericウコン
を毎日飲んでいたら、夫の胃がんと喉頭がんが消えたことをお知らせ
しようと思います。

最近ウコンの有用性と共に、ウコンは効かないなどとのうわさも
飛び交っているのを知り、黙っていられなくなりました。

夫のがんについて、わが家のウコンの栽培方法、製粉法、飲み方など。

また春ウコンでガンが消えるその他の事例情報もお知らせします。

◆夫の胃がんについて

❖胃がんの診断

今から約8年前の2011年春のこと。
夫が町の健康診断で、胃がんの精密検査が必要と言われ
紹介された地元のがんセンターで精密検査を受けました。

その結果は、悪性カルチノイドと言われ、
手術が必要との診断でした。

———————————————————————
悪性カルチノイドとは

※現在、胃や腸の「消化管」と「膵臓」については
「カルチノイド」という名称は廃止され「神経内分泌腫瘍 NET」
として表記されています。

腫瘍が悪性化すると、「カルチ」(癌)「ノイド」(類)という名称通り、
癌に類するものとなり、悪性カルチノイドは進行の遅い癌の一種とされています。

世界的には、カルチノイドの発生率は10万人当たり約2人であり、
診断時の平均年齢は61.4歳。
カルチノイドは新たに診断される全悪性腫瘍の約0.5%で、非常にめずらしい
病気です。

参考:ウィキペディア(神経内分泌腫瘍)コトバンク(カルチノイド:知恵蔵mini)
———————————————————————————–
がんセンターの主治医は、夫が肥満で腹部の脂肪が
あまりに多く手術が困難なため、

「自分は手術したくないから東京の有明病院を紹介する」
と言うのです。

「あの有名な有明病院で手術してもらえるなら」と、承諾
したところ、診断が間違えていたら大変だからと、もう一度
検査されました。

その結果、やはり悪性カルチノイドに間違いないという
ことで、数週間後、有明病院に出向きました。

❖有明病院で

片道2時間余の有明病院で、診察してもらったところ、
驚いたことに、地元のがんセンターで指摘され、胃内部の写真も
持参したのに、どこにも癌がみつからないと言うのです。

消えてしまったのです。

有明病院の医師も驚いていましたが、
「たまにはそういうこともあります。来年また来て下さい」との
ことで、一年後に再び有明病院を訪れましたが、癌は出てきません。

その後は地元のがんセンターで一年に一度検査するように言われ
毎年検査していますが、8年後の検査でも現れませんでした。

◆夫の喉頭がんについて

❖喉頭がんの診断

2017年の春頃のこと、夫が喉(のど)になにかできて、ご飯が
飲み込みにくいと訴えました。

すぐに喉頭がんじゃないかと思った私は、その時、いつもの
胃がん検診の日が近かったので、ついでにがんセンターで
調べてもらうことにしました。

がんセンターの検査の先生にお願いして、夫の喉も診てもらうと
「がんの形なので、専門医に診てもらいなさい」
とのこと。

予約して、頭頸科(とうけいか)の専門医にかかると
夫の喉を診た医師は、

これはステージ2の喉頭がんです。
と、自信満々の様子で即座に診断。

「手術をして切り取ったあと、放射線を照射します。
心配ないですよ。」とおっしゃり、さっさと日程を決めました。

❖喉頭がんの手術とその後

思った通り喉頭がんだったけれど、まだステージ2とのことで
声帯も無事で、他に転移もないので安堵したのでした。

手術が全身麻酔で行われることを心配していた夫でしたが、
無事終わり、ご飯もスムーズに飲み込めるようになって、
3日で退院できました。

数週間後に放射線の打ち合わせにがんセンターを訪れると、
担当医が、困ったような顔をして私達を迎えました。

放射線治療にあたり、切り取った喉頭がんを検査したところ
がん細胞がみつからないと言うのです。

また出て来るかもしれないから、一年間毎月検査して欲しい
とのこと。

二人の医師が、見ただけで癌の形だと診断したのに、
がん細胞が見つからないというのは、がん細胞が消えた
のではないかと私は思います。

結局、放射線治療はせず、1年間毎月検査に通いましたが
がんは未だにでてきません。

2回にわたるがん消滅は、胃がん発見の数年前あたりから
飲み始めた、自家栽培の秋ウコンのおかげではないかと
私達は思っています。

◆自家製の秋ウコンについて

❖秋ウコンの栽培を始めたきっかけ

わが家の家庭菜園で秋ウコンを栽培し始めたきっかけは、
夫の実の弟が末期胃がんで亡くなったからです。

今から14年ほど前の2005年のことでした。
58歳の若さです。

その後もおじさんや、その他の夫の親戚ががんになったり、
亡くなったりして、

夫が「おれも最後はがんで死ぬんだな」としょんぼりする
ようになったのです。

これではいけないと思った私は、なんとかがんを予防する
方法はないかと調べ始めました。

その結果、カレーに使われているターメリックに多く含まれる
黄色の色素であるクルクミンに、がんを抑える作用があること
を知りました。

多分このサイトだったと思います。⇓
-第7回カレー再発見フォーラム-機能性食品としてのターメリックの可能性

それで、クルクミンが多く、関東地方で育てやすいとされる
秋ウコンを栽培することにしました。

道の駅でよくウコンの粉が販売されていますが、

  • 家庭菜園が300坪もあること
  • 無農薬栽培をしたいこと
  • 製粉する際に、一般の農家ではスライスした秋ウコンを
    日光干ししているのが気になったこと

などから、すべて自家製にすることにしました。

※日光に干すと、紫外線によって、クルクミンが半減し、
効果がなくなることがわかっています。
その証拠に、
カレーをこぼしてできる黄色いシミは、日光に干すと消えるのです。

 

関連記事⇒がんにならない食べ物!米国研究でわかった3つの食品とは?

 

未完です。続く

スポンサーリンク

◆あなたにオススメ

コメントを残す

このページの先頭へ