脂肪肝の治し方!食前の高カカオチョコレートが効果的!その理由は

最近高カカオチョコレートの健康効果が色々と発見valentinesday_itachoco2.png板チョコ
されてきて、チョコレート好きの私にはうれし
い事です。

今日のzakzak夕刊フジ(2017年4月5日)でも
「血液サラサラ」という言葉の提唱者である
肝臓の専門医・栗原毅医学博士が

脂肪肝の予防と治療に、食前に高カカオチョコレート
を食べると効果的であると述べておられます。
どうしてなのかを、脂肪肝について調べた情報と
共にお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

◆脂肪肝とは

脂肪肝とは簡単に言うと、肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態に
なることです。

肝臓では脂質からできる脂肪酸や、糖質からできるブドウ糖から
中性脂肪が作られ、エネルギーに変えられるのですが、

使うエネルギーが少ないと中性脂肪が肝細胞にたまっていきます。

こうして中性脂肪が蓄積し、全肝細胞の30%以上が脂肪化している
状態を「脂肪肝」といい ます。
現在、日本人の4人か3人に1人が脂肪肝であると言われていますから
大変な問題ですね。

◆脂肪肝の原因

脂肪肝の原因として挙げられているのが

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、肥満、無理なダイエットなどです。

無理なダイエットが脂肪肝の原因になるというのは不思議ですが、
栄養失調になると、肝臓が危機を感じて栄養をため込むのだと
思われます。

運動不足はエネルギー消費が減るために中性脂肪が余って肝臓に
たまるということが分かります。

食べ過ぎ、飲みすぎ、肥満については、
アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝に分類されます

❖アルコール性脂肪肝とは

お酒の飲み過ぎで肝臓に中性脂肪がたまる脂肪肝です。

これは、アルコールが分解する時、中性脂肪が合成されやすく
なるからだそうです。

アルコール性脂肪肝は一般によく知られていますが、日本人の
脂肪肝の原因は飲みすぎではなく、食べ過ぎによる非アルコール
性脂肪肝が大部分なのだそうです。

 ❖非アルコール性脂肪肝

非アルコール性脂肪肝は食べ過ぎによる脂肪肝です。

そして非アルコール性脂肪肝による肝臓疾患(NAFLD)には症状が
軽く、治りやすい単純性脂肪肝(NAFL)と重症タイプの(NASH)の
2種類があります。

NASHは放置すると肝硬変、肝細胞がんへと進行する可能性が高く、
また、NAFLもNASHに進行することがあります。

そのため、早期に発見して、原因となる生活習慣や肥満を改善する
ことが重要ですね。
病気は何でも早期発見が重要なことがわかります。
スポンサードリンク

◆脂肪肝の症状

肝臓は「沈黙の臓器」と言われているように、あまり自覚症状が
ありません。

そのため、脂肪肝に気づかず手遅れになることもありますので注意
が必要です。

脂肪肝は、悪化すると脂肪肝⇒脂肪性肝炎⇒肝硬変⇒肝がんへと
進行することがありますので、あなどってはいけません。

❖血流悪化による症状

脂肪肝には痛みなどの自覚症状がありませんが、疲れやすい、肩こり、
頭がボーッとするなどの症状がでることがあります。

脂肪肝になると血液がドロドロになり、血流が悪くなるため、全身
の細胞に酸素と栄養分が行きわたらなくなり、疲れやすい、肩がこる
頭がボーッとするなどの症状が出ることがあるそうです。

❖ALT(GTP)で脂肪肝をセルフチェック

飲みすぎ、食べ過ぎの人、運動不足で肥満の人、疲れやすい人など
思い当たる人は、血液検査を受けるか、健康診断の結果を見直して
みると良いそうです。

肝機能を表すALT(GTP)の基準値は30(IU/L)以下ですが、
20(IU/L)以上であれば脂肪肝予備軍と考えられます。

ALT(GTP)とは、主に肝細胞内でつくられる酵素で、アミノ酸代謝
やエネルギー代謝のために働く重要な酵素です。

何等かの異常で肝細胞が破壊されると、血液中に漏れ出すので
ALT(GTP)値が高いということは、それだけ肝細胞が障害を受けて
いることがわかるのです。

関連する主な疾患は
ウイルス肝炎、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎NASH
肝硬変 などです。
基準値の30(IU/L)を超えるようであれば、受診が必要ですが、
20~30(IU/L)ならば、運動と 食事療法で生活習慣を改善する
のが良いでしょう。
スポンサードリンク

◆脂肪肝の治し方

❖脂肪肝を放置すると

軽い病気と考えられているようですが、放置すると肝硬変や
肝臓がんへと進行することが知られています。

また、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、歯周病などの生活習慣病のリスク
も高め、さらに胆石を作りやすいことも話題になっているそうです。

❖脂肪肝の治療法

生活習慣が原因の脂肪肝は、食事療法、運動、禁酒を行い、体重を
2kg減らすだけで、肝臓にたまった中性脂肪が減り、肝機能が回復
します。

内臓脂肪や皮下脂肪と違って、肝臓についた脂肪はとれやすいのです
が、一時的に脂肪が減っても、生活習慣が元に戻れば再発します。

再発した脂肪肝はNASHに進みやすいので、悪い生活習慣は断ち切ら
なければいけません。

◆脂肪肝の食事療法

❖糖質を減らす

中性脂肪がたまるというと、油ものの食べ過ぎと思われがちです
が、実はご飯、麺、パン、果物、お煎餅、あめ玉、甘いジュース
など糖質のとり過ぎによる方が多いのだそうです。

食事でとった糖質は、ブドウ糖に分解されて小腸から吸収された
後、肝臓で速やかに中性脂肪に変化してしまうからです。

さらに、健康に好いとされている果物の食べ過ぎが、意外に一番
中性脂肪がたまるとのこと。アルコール性脂肪肝より多いのだ
そうです。

なぜなら果物の成分である果糖は吸収がよく、肝臓ですぐに中性
脂肪に変わるからです。

いくら果物が好きでも、中性脂肪が高い人は、りんごなど一日半個
ぐらいにしておきましょうと栗原毅医学博士は述べています。
果物が好きな人も、食べ過ぎはいけないようですね。

❖野菜→たんぱく質→炭水化物の順番に食べる

この食べ方は、もう一般に広く行き渡っているようですが、
炭水化物を先に食べると血糖値が急激に上がり、血糖値を下げる
ホルモンであるインスリンが大量に分泌されます。

するとインスリンは糖を中性脂肪に変えて蓄えるので、脂肪肝を
防ぐには、糖が少なく繊維が多い野菜から食べて、炭水化物を
最後にすることによって血糖値を急激に上げないようにする
のが良いというわけです。

❖食前に高カカオチョコレートを食べる

高カカオチョコレートには、食物繊維が豊富に含まれているので、
糖質が多い食事をする直前に1片食べておくと小腸での吸収が遅く
なり、脂肪肝の予防ばかりか治療にもなることが栗原毅医学博士ら
の研究でも分かってきたのだそうです。

詳しいことは次回にということでしたので、後ほど、加筆する
つもりです。

(ソース:栗原毅医学博士の著書やメディア)

■栗原毅(くりはら・たけし) 医学博士。
栗原クリニック東京・日本橋院長。前慶応大学特任教授。
「血液サラサラ」という言葉を提唱し、著書やメディア出演などを
通じて予防医療の大切さを訴えている。

◆まとめ

脂肪肝について、その原因や症状、チェック法、および
脂肪肝の治し方について、まとめました。
脂肪肝の食事療法について

糖質を減らし、
食物を食べる順番を野菜→タンパク質→炭水化物
にして

食前に高カカオチョコレートを一片食べると脂肪肝の
予防と治療になることがわかりました。

スポンサーリンク

◆あなたにオススメ

コメントを残す

このページの先頭へ